11
JUN/2014

職場恋愛はリスク!? 働く女性が「小銭泥棒」や「ナルシスバンド男」に泣かされたエピソード

タグ:

働く女の本音白書

6月と言えば、ジューンブライド。友人や同僚の結婚式に参加する機会も増えるのではないでしょうか? 結婚する二人の馴れ初め話などを聞くと、自分の過去の恋愛を思い出したりもするもの。そんなとき、ふと思い出すのは失敗してしまった恋愛や、散々な目にあった恋愛など、できれば思い出したくない過去だったりしますよね。そこで今回は、働く女性268人に、社会人になってからの“後悔した恋愛”について聞いてみました。

社会人になってから恋人としてお付き合いをした男性で、「この人とは付き合わなければよかった」と思う人はいますか?

おおむね、過去の恋愛に後悔はないと感じている女性が多いようです。ですが、「この人とは付き合わなければよかった」という後悔を胸に秘めている女性たちも3割以上。学生時代であれば若気の至りで痛~い彼氏と付き合ってしまうことも多そうですが、社会人ではどんな人と付き合ったことを後悔するのでしょうか。具体的に聞いてみたところ、驚くべきダメ彼氏っぷりを発揮した男性たちの姿が浮かび上がってきました。

【私のお金が大事な男】
「職場の後輩と付き合っていましたが、勝手に私の物を売りとばしたり、そのお金を使って他の女性と遊んでいた」(33歳/派遣コーディネーター)
「パチンコ依存の男性と付き合ってしまった。私の500円玉貯金からこっそりお金を盗んでいた」(30歳/接客サービス関連)
【不倫に巻き込む男】
「妻子ある職場の上司との付き合っていて、周囲にばれてしまった。結果的に退職せざるを得なくなってしまったので後悔している」(37歳/営業事務)
「会社に入社したてのころ、10歳以上離れた同じ会社の男性と付き合っていた。当時は年上男性とのお付き合いに浮かれていたのですが、周りの人から『彼は妻子持ちだよ』と知らされたときのショックは忘れません」(27歳/接客サービス関連)
【早く夢から覚めてほしい男】
「職場の同僚とお付き合いをしていましたが、彼は働きながらもバンドデビューを目指していた。素人の私が聞いても全然うまくないバンドで、痛いな~と思っていた」(29歳/事務・企画関連職)
「『俺は、自分のライフスタイルを貫く』とひたすら主張する、自己中でナルシストな職場の先輩と付き合ってしまった。ギタリストを目指していて、いちいちロックな態度がうざかった」(32歳/営業)
【召使いを雇えばいい男】
「どうしても俺様キャラが行き過ぎていて、何でも彼に従わないとキレだす」(23歳/秘書)
「彼が思った通りに私が行動しないとすぐに罵倒する。自分が何か間違っても、絶対に謝らない傲慢な人だった」(35歳/一般事務)

勝手にお金を使われてしまったり、仕事を辞めるはめになったり……。想像以上のつらい恋の思い出が数多く寄せられました。また、付き合ったことを後悔している男性として、職場の後輩・同僚・上司を挙げた人が多かったことも印象的でした。そこで、「最も付き合いたくない男性」について質問してみると、なんと半数以上の人が職場の男性と回答。特に、上司や先輩とは付き合いたくないと考えている人が多いようです。

「最も付き合いたくない」と思うのは誰ですか?

やはり、職場恋愛はリスクが高いと感じている女性が多いのでしょうか。具体的に理由を聞いてみたところ、「周囲に知られたときに公私混同を疑われてしまう。仕事に悪影響が出てしまいそう」(27歳/コールセンター、スーパーバイザー)、「仕事とプライベートの区別がつかなくなって疲れそう」(39歳/技術関連職)、「職場の人は誰も恋愛候補として考えられない。特に、上司が恋人になると、私生活の悪い部分を知って尊敬できなくなりそう」(27歳/接客・販売)といった理由が多く集まりました。やはり、仕事に支障が出てしまうことを考えて、職場恋愛を避けたいと思う女性が多いようです。また、「現在、直属の上司が幹部と付き合っていますが、すごく仕事がやりにくい!」(24歳/デザイナー)や「上司と付き合って別れた後、職場の人間関係が悪化して会社にいられなくなった」(31歳/接客・販売)という実体験に基づく声もちらほら。

大人とはいえ、なるべくなら自由に恋愛を楽しみたいもの。ですが、職場恋愛にはリスクが付き物のようです。職場では尊敬している上司や先輩、同僚でも、付き合ってみたらダメ彼氏に豹変してしまった! なんてことも無きにしもあらず。せっかく築いてきたキャリアや職場の人間関係を壊してしまってはもったいないので、恋人選びは慎重に。職場恋愛には細心の注意を払いましょう!

【アンケート調査概要】
●調査方法:転職サイト『女の転職@type』の20代~30代女性会員およびWebマガジン『Woman type』サイト読者へのWebアンケート
●調査期間:2014年5月23日~28日
●有効回答者数: 268名

取材・文/栗原千明(編集部)

連載『働く女の本音白書』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman-type.jp/wt/feature/category/honneをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「貯金ほぼなし。リッチ男子と結婚して専業主婦になりたい」アラ...
ファイナンシャルプランナー高山一恵さんが、「貯金ほぼなし。リッチ男子と結婚して専業主婦になりたい」アラサー女の末路を解説...

「33歳独身で、郊外に新築マンションを買った」女の末路【連載...
女性のお一人さまがマンションを買う場合、いくつもの罠が潜んでいるのぞご存知でしょうか……!?郊外に新築マンションを買った...

お金はあるけど幸せになれない――貯金大好き“超堅実オンナ”の...
「老後が不安」、「将来に備えたい」貯金が趣味というくらい、お金を貯めることに一生懸命な20代女性が増えています。一方で、...

その残業、本当に必要? 「残業代で稼いでる」居残り女の末路【...
残業代を当てにして家計を考えていると、生活が立ち行かなくなってしれないので注意が必要!その理由は?

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

長期休暇、社宅、社食など!嬉しい福利厚生のある会社