19
NOV/2013

女子カーストをつくっているのは自分かも? オフィスでしがちな格付け行動3

タグ:

格付けしあう女たち
『格付けしあう女たち 「女子カースト」の実態』白河桃子・著/定価819円(税込)/出版社:株式会社ポプラ社
「婚活」をブームにした少子化ジャーナリストが、女性の間で生まれている「カースト」に警鐘を鳴らす。女性はなぜ、格付けしあうのか? 「ママ・カースト」「女子大カースト」「婚活カースト」などにきりこみ、その社会背景をさぐる。さらに、「カースト」につぶされない多様性を持った生き方を提案する

女子社員に厳しいお局様に逆らえない、育休中のママの仕事を分担して残業が増えた――。勤続年数や上司の好き嫌い、子どもがいるかどうかなど、仕事の能力以外のものさしで計られるオフィス内の「格付け」に、モヤモヤした経験はないだろうか。女性同士が暗黙のうちにお互いを格付けしあう現象、これをインドの身分制度にたとえた言葉「女子カースト」が、メディアなどで話題になっている。

「本来、会社に必要なのは、社員同士の格付けではなく、仕事が正当に評価される『業務遂行能力』での順位付け。日本の企業はその仕組みがあいまいなので、カーストが入り込みオフィスの空気を支配しやすい」と話すのは、『格付けしあう女たち「女子カースト」の実態』(ポプラ新書)の著者、白河桃子さん。

実は多様性のある社会では、人間関係においてカーストが存在することで都合が良い側面もある。階層格差を互いに認識することでその場のリーダーが決まり、そのリーダーが人間関係を引っ張っていく体制に自然となるからだ。
しかし、日本では平均を好む文化が育ってきたため、多様性の中でそれぞれの役割を見つけることが苦手。カーストがただの息苦しさになってしまっているという。

なぜ私たちは互いを格付けしてしまうのだろう。「日本人、特に若い女性は、自分に自信がなく、自己肯定感が低い傾向がある」と白河さんは指摘する。子どもの頃に母親が失敗をさせないように先回りしてしまっていたり、失敗を恐れて挑戦を避ける学生生活を送ったりした結果、成功体験を積むことができず、自分に自信が持てないまま大人になってしまうのだ。

そういった背景がなくても、立場や境遇の違いがある女性たちが集まるオフィスで自然と生まれてしまうのが女子カースト。あなたは知らない間に、「格付けする女」になっていないだろうか。無意識にやってしまいがちな格付け行動を、白河さんに挙げてもらった。

無意識にしがちな格付け行動1
「気の合う人とだけ一緒にいる」

仲の良い人と一緒に過ごす時間は気楽で楽しいもの。グループで行動する女性は多いが、その行動がカーストを生み出してしまうこともあるのだとか。

例えば白河さんが取材したある女性は、お局様から嫌われて悩んでいた。お局様はお気に入りの女性社員を集めて、女子校のような仲良しグループを作っていたという。グループに所属する社員が休暇を取得するかどうかも、お局様に聞かなければならない状態で、業務に支障をきたしていた。
お局様はもちろん、彼女と共に行動していた女性たちも、集団を作ってほかの女性を排除することで、いつの間にか格付けする側になってしまう。

【回避するには?】
「会社の人事を変えることは難しいですが、いつかは異動があると割り切ることも必要」と白河さん。また、趣味の仲間を見つけるなど、オフィス以外の「居場所」を作ることで、そのカーストがすべて、という思い込みから開放されやすくなる。

無意識にしがちな格付け行動2
「Facebookを見て落ち込む」

働く女性同士の格付けは、オフィスの中だけにとどまらない。FacebookやmixiなどのSNSで、同僚や友人の子どもの写真を目にして落ち込むことも。

「他人の幸せそうな家族写真を見せられるのは、以前ならば年に一度の年賀状の時期だけだったもの。ところが最近ではSNSが広まって、自分と他人の生活を比べてしまう機会が増えました。ストレスを感じるなら、思い切ってタイムラインに表示しないようにするなどの工夫をしましょう」

【回避するには?】
タイムラインの非表示設定はもちろんのこと、育児中の専業主婦は、バリバリ働いてバケーションを楽しむ独身女性のFacebookを見て、うらやましいと感じているかも…と相手の立場を想像してみることも有効だ。隣の芝生も青いばかりではない。たまには直接電話して、疎遠になっている友人と話をしてみよう。

無意識にしがちな格付け行動3
「『早く帰れていいね』ワーママを特別視する何気ない一言」

今、社内の女性同士の問題で注目されているのは、ワーキングマザーの存在。出産しても仕事を続ける女性が増え、「時短」という働き方も一般的に。しかし、受け入れる企業の体制が十分に整っていないため、フォローする周りの社員にとっては、「仕事の負担が増える」「自分たちばかり残業が多い」と不満がたまることになりかねない。「早く帰れていいね」など、思わず口にした一言が時短で働くママと自分を隔てるカーストに。

【回避するには?】
「ストレスを抱えないためには、腹を割って本音で話し合うことが大切です」と白河さん。たとえば、「今どういう状況ですか」「私にできることはありますか」と声をかけることで、コミュニケーションが始まる。実は時短ママは肩身の狭い思いをしている人が多い。女子会やランチなど、独身女性とワーキングマザーが対話する場を設けるのもひとつの手。

「ワーキングマザーの一日のスケジュールを聞くだけでも、新たな発見があるもの。出産するかどうかにかかわらず、思うように働けない時期は誰にでもありえることですから、ワーキングマザーの知恵を聞いておいて損はないはずです」

ささいなことで人と自分を比べ、格付けし合ってしまう心の奥には、「否定されたくない」という不安や自信のなさが隠れている。

「日本の働く女性たちはみんなまじめ。本当によくがんばっています。まずは、自分で自分をほめてあげてください。次に、周りの人をほめるよう心がける。すると、相手も自分を認めてくれるようになり、いい循環ができます。仕事ができる女性はほめ上手ですよ」

ダメなところを探すのではなく、いいところを伸ばしていくことで自己肯定感を高められるという。

正社員、契約社員、パート、派遣。働き方が多様化し、さまざまな立場の女性がひとつのオフィスで働く時代。「まとまればパワーを持てる女性たちが、小さな違いにこだわって対立するのはもったいない」と白河さんは強調する。隣の芝生は青いけれど、隣人もきっと悩みながら働いている。ほんの少しの想像力とコミュニケーションが、誰もが働きやすい社会をつくる大きな力になるかもしれない。

 白河桃子さん

少子化ジャーナリスト ノンフィクション作家 白河桃子さん

慶應義塾大学文学部卒業後、会社員を経てライターに。女性たちの年代別ライフスタイルや未婚、晩婚、少子化などをテーマに数多くの取材、執筆活動を行う。山田昌弘中央大学教授との共著『婚活時代』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が19万部のヒットに。最新刊は『格付けしあう女たち 「女子カースト」の実態』(ポプラ新書)。公式ブログ ツイッター @shirakawatouko

取材・文/高橋三保子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「人生100年時代」未来を豊かに生き抜くために、女性が知って...
今回『Woman type』では、「お金」、「結婚」、「キャリア」、「健康」のそれぞれの分野で活躍する識者に人生100年...

「幸せよりも、夢中になれることを探しなさい」少女漫画家・大和...
時代を越え、漫画を通してさまざまなヒロインを生み出してきた大和和紀先生。昨年画業50周年を迎え、『はいからさんが通る』が...

「専業主婦になる。それは敗者の戦略だ」経済のプロが語る超シン...
「専業主婦は、今後敗者の戦略となる」経済のプロ、ベストセラー作家の橘玲さんが、想像もつかない長い生涯を女性が幸せに過ごす...

「仕事もキャリアもほどほどがいい」女性の転職がうまくいかない...
仕事がしたくないわけじゃないけれど、バリバリ働いて仕事ばっかりの生活を送りたくはない。「そこそこに生活できるくらいの収入...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

福利厚生が充実している会社

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

制度充実!子育てしやすい会社

トレンドを発信!ファッション・コスメ系の仕事