15
NOV/2019

小林直己をハリウッドに導いた”一人の時間”「誰からも求められていないと思っていた」

タグ:

一流の仕事人には、譲れないこだわりがある!
プロフェッショナルのTheory

今をときめく彼・彼女たちの仕事は、 なぜこんなにも私たちの胸を打つんだろう――。この連載では、各界のプロとして活躍する著名人にフォーカス。 多くの人の心を掴み、時代を動かす“一流の仕事”は、どんなこだわりによって生まれているのかに迫ります

EXILEのパフォーマー、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのリーダー兼パフォーマーとして、力強いダンスでファンを魅了してきた小林直己さん

187cmという見上げるような長身を間近にして驚いていると、「これです」と厚い靴底を上げて見せ、場の空気を和ませてくれた。

体は大きくても不思議と威圧感はなく、低く落ち着いた声には安心感すら覚える。ダンスパフォーマンスを生業としつつ、撮影ではスーツを完璧に着こなす。多面的な魅力の持ち主だ。

小林直己
小林直己さん
EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSのパフォーマーとして全国ライブツアーなど精力的にアーティスト活動を行う。パフォーマー以外に役者としても活動し、舞台にも積極的に参加。劇団EXILE公演のほか、2013年2月より行われた『熱海殺人事件40years' NEW』(つかこ うへい作・岡村俊一演出)で大山金太郎役を熱演。各方面より好評を得る。2017年からは俳優として本格的に活動をはじめ、『たたら侍』『HiGH&LOW』シリーズなどに出演。Netflixオリジナル映画『EARTHQUAKE BIRD』にも出演し、日本ならず、アメリカにおいても俳優として活動の場を広げている
インスタ:naokikobayashi_works
Twitter:@Naoki_works_

俳優としても活動の幅を広げている。小林さんは今回、Netflix映画『アースクエイクバード』に出演し、主演女優の恋人という重要な役を演じた。総指揮のリドリー・スコットをはじめとするビッグネームの製作チームやキャストが集まる中、全編を通じて披露した流暢な英語や、他のキャストに引けを取らない存在感と繊細な演技が話題を呼んでいる。

本作の出演が決まる何年も前から、小林さんは語学や演技のトレーニングに励んでいた。今回の役は自らオーディションを受けて勝ち取ったものだ。すでにパフォーマーとして大勢のファンを抱える存在でありながら、小林さんはなぜ、現状に甘んじることなく新たな分野への挑戦を続けるのか? その原動力を聞いた。

「僕にとってのダンスは、禎司にとってのカメラ」
鹿児島で探した、役と自分の接点

舞台は1980年代の日本。『アースクエイクバード』は、小林さん演じる日本人カメラマン・禎司(テイジ)と恋に落ちた外国人女性が、三角関係に心を乱された末、行方不明になった友人の殺害容疑をかけられるというサスペンスミステリー。『アリスのままで』のウォッシュ・ウエストモアランド監督、2016年にアカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルといった錚々たるメンバーの中で、小林さんは二人の女性を翻弄する役を演じた。

小林直己

「最初に脚本を読んだときから、禎司という人間にものすごく共感を覚えました。彼としっかり向き合うことで、自分のこれからの人生に必要なものに気付けるんじゃないかと思ったんです」

小林さんは禎司が実際に目にしたであろう景色を見るために、原作小説に描かれた、彼の故郷である鹿児島に渡った。1980年代当時のカメラを入手し、撮影が始まる5カ月前から写真を撮り始め、禎司と同じようにフィルムを現像する作業を繰り返したという。

一体何が、彼にそこまでの準備をさせたのか。小林さんは迷うことなく、「ダンスの経験がそうさせたんだと思います」と応えた。

「僕にとって、芝居はダンスの延長線上にあるんです。ダンスバトルをイメージしてもらうと分かりやすいんですが、相手の次の動きが分からない中で、曲や部屋の装飾、ライティングの具合、オーディエンスの雰囲気、いろんな要素がある中で、全部を受け入れながら即興で踊る。そんな風に彼をつくっていきました。 鹿児島に行き、カメラに触ったのも、禎司という役を踊るためでした」

禎司は鹿児島で何に興味を持ち、どう撮りたいと思ったのか。それを探ることは、小林さんが禎司と自分自身を丁寧に重ね合わせていく作業でもあった。

小林直己

「禎司はきっと、自分の求める真実を探していて、その過程で感じたことを表現するために写真を撮っているんです。僕も同じような思いでダンスをやってきました。だから僕にとってのダンスは、禎司にとってのカメラ。そう思って、彼の人生を辿りました」

カメラを手に夢中で撮影する禎司と、ステージ上で激しくパフォーマンスする小林さん。普段は物静かな印象を与える一方で、表現の場では情熱的な二人の姿が重なって見えた。

作品の中で禎司は、自らについて多くを語らない。しかし、恋人役を演じたアリシアが「目の奥にストーリーがある」と評したように、小林さんの瞳には語らずして訴える不思議な力がある。禎司のように軽々しく思いを口にしないからこそ、内に秘めた思いは熟成し、重厚な表現力となって観る人を惹きつけるのかもしれない。

「役作りをする上で、監督のウォッシュとは日本の文化や精神性、そして自分自身についてもたくさん話をしました。彼が拾ってくれた僕の言葉が、禎司の人生観を表す重要なセリフになったシーンもあります。役を僕にシェイプさせる自由を与えてくれたことに、とても感謝しています」

信頼関係を作るために「ありのまま」ぶつかった。
バックグラウンドの異なる仲間との対話

小林直己

日本が舞台となる本作で、小林さんはメインキャスト中ただ一人の日本人。「少なからず責任を感じた」と語る小林さんに、自分より経験豊富なメンバーとの撮影で心掛けたことを聞いてみた。

カッコつけないことですね。もう、ありのままぶつかっていきました」

小林さんがウォッシュ監督とアリシアと初めて会った日に、クライマックスのシーンのリハーサルが行われたという。お互い初対面の上に、相手はオスカー女優。萎縮してしまいそうな状況だが、小林さんが取った行動は、「遠慮なく意見を伝える」ことだった。

「そうするとアリシアも遠慮なしに意見をどんどんぶつけてくれて。ああでもない、こうでもないと試行錯誤していくうちに、最終的にはほぼ別の、すごく血肉の通ったシーンが出来上がったんです」

ダンスと芝居。同じ表現の領域とはいえ、自分よりもずっと経験や実績のある人たちの中で、臆することなく自らの意見を伝えられたのはなぜなのか。小林さんは、「『自分の強みってなんだろう?』ということは、当然考えました」と静かに語り始めた。

小林直己

「この作品に出演する上での僕の強みとは、僕自身も知らないうちに身につけた『日本人らしさ』だと考えました。自分の名前をきちんと名乗ったり、しっかり挨拶をしたり。そういう親からしつけとして学んだことって、元をたどると武士道や儒教にもつながってくると思うんです。これは誰も奪えないし、誰も真似できるものじゃない。ということは、自分らしくいるのが一番だなと。頑張って何者かになろうとするよりは、自分に素直になることで、それが逆に強みになると思えたんです」

会社員として働いていても、キャリアが長ければ長いほど、未経験の分野にチャレンジするときには、つい見栄を張ってしまいがちなもの。しかし小林さんが選んだのは、ありのままの自分で勝負するという、それとは真逆のアプローチだった。

自分に自信を持つために“休む”。
大事なのは「自分を大切にする時間」

小林直己

“ありのまま”に振る舞うことは、簡単そうに聞こえてなかなか難しい。まだ経験の少ない若い世代は特に、「自分には強みや個性があるのだろうか?」と悩んでしまう人も多いはず。そう話すと、小林さんは自らの意外な一面について明かしてくれた。

僕はずっと、コンプレックスばかりだったんです。自分には武器がないんじゃないかと思っていました。でもその一方で、ここまで一生懸命生きてきたんだから、そんなはずはないと思う自分もいました」

誰もが知るEXILEに加入して10年。近年のツアーでは100万人を動員するようになり、人気絶頂の三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのリーダーも務める。これ以上の望むべきキャリアがあるのだろうかと思ってしまうが、本人はいたって冷静に自分の立ち位置を見つめていた。

では、将来のために何か新しいことを始めるべきなのか。立ち止まって考えた時に、小林さんは「自分の好きなこと、嫌いなことが分からなかった」という。自らの心の声に耳を傾ける必要性を感じた小林さんが始めたのは「自分の時間をつくる」ことだった。

「自分と向き合うのって、僕は人より苦手だなと思っていて。なので、努力して“休む”時間をつくりました。そうするとだんだん心のバランスが取れてきて、『自分ってこういう人間なんだ』ということが自然と分かってきました」

小林直己

ただでさえ多忙なスケジュールの中、休むことは簡単ではなかったはず。

「もちろんそうです。グループの仕事は大好きですし。でも、もっと自分を大切にしないと、その大切なメンバーと一緒にいられなくなってしまうと思ったんです。だから、すごく頑張って時間をつくりましたね。連絡も遮断して。とにかく踏ん張って休みました」

自分には武器がない。そう思って落ち込む前に、まずは自分の内側にしっかり目を向けてみる。自分がもともと持っているはずのものを丁寧に見つけていくことが、自分に自信を持つために大切なことだと、小林さんは気付いた。ハリウッドデビューの切符も、本作の出演で手にした自信も、妥協することなく自分に向き合った結果、得られたものだ。

インタビューの終盤、小林さんはこちらをまっすぐに見つめ、「皆さん、自分を大切にする時間をちゃんとつくった方がいいと思います」とアドバイスをくれた。

「この年齢になってようやくですけど、何かを突き詰める時間や、何かを頑張る時間と同じくらい、自分を大切にして休む時間が必要だと感じるようになりました。この3つのバランスが同じぐらいじゃないと、どこか心って疲れちゃうし、萎れてしまう。

僕はずっと、個人では誰からも求められてないと思っていたんです。組織の中で自分が存在する意義みたいなものって、誰もが一度は悩むじゃないですか。そのときに、意識的に休む肩の力を抜く。僕の場合はそうすることで、自分を大切に思えるようになりました」

人気や肩書きに惑わされることなく、自らを客観的に見つめ、向き合ってきた小林さん。大人の魅力と貪欲なパワーを放つ瞳に、自分の表現を追求するプロフェッショナルの決意が見えた。

小林直己

取材・文/一本麻衣 撮影/洞澤 佐智子(CROSSOVER) 企画・編集/栗原千明(編集部)

作品情報

Netflix映画『アースクエイクバード』11月15日(金)より独占配信開始
1980年代の東京で、日本人写真家と恋に落ちた外国人女性。だが、やがて彼女は三角関係に心乱され、行方不明だった友人殺しの容疑までかけられる。
出演:アリシア・ヴィキャンデル、 ライリー・キーオ、 小林直己
>>作品公式情報

『プロフェッショナルのTheory』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman-type.jp/wt/feature/category/work/professionalをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

【岩田剛典】「恵まれてるとは言われたくない」夢を実現できる人...
EXILE、三代目 J Soul Brothersのメンバーとしてアメイジングなパフォーマンスでわかせる一方、俳優として...

【登坂広臣×中条あやみ】“残された時間の中で一生分の恋をした...
「余命1年——残された時間の中で一生分の恋をした」そんなキャッピコピーが印象的な映画『雪の華』は私たちに「愛すること」「...

【忽那汐里】“仕事は楽しむものじゃない”そう思っていた過去と...
女優・忽那汐里さん。ポッキーのCMで弾けるような笑顔とダンスを見せ、ブレイク。生まれ育ったオーストラリアの大地を連想させ...

菅野美穂が振り返る、無我夢中で走り続けた20代の日々「バラン...
1993年に女優としてデビューして以来、四半世紀にわたって、数々の作品に出演してきた菅野美穂さん。脇目もふらずに駆け抜け...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

憧れの上司と働く!女性管理職がいる会社

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

プライベートも充実!年間休日120日以上の求人

未経験でも安心!ノルマが厳しくない営業求人