02
MAY/2014

まさかの「プレゼント返品」から父親乱入まで! 働く女性の心に残る「笑いあり涙あり」な母の日の思い出

タグ:

まさかの「プレゼント返品」から父親乱入まで! 働く女性の心に残る「笑いあり涙あり」な母の日の思い出

5月の第2日曜日は母の日! 言わずと知れた、お母さんに感謝の気持ちを伝える日ですね。働く女性281人に、「あなたは自分の母親に対して、母の日のお祝いをしていますか?」と聞いてみると、「ほぼ毎年している」が半数以上。「毎年ではないがしている」と合わせると、およそ85%の人が母の日のお祝いをしていることが分かりました。

これだけ多くの人が母の日をお祝いしているということは、それだけ思い出もたくさんあるのでは? ということで、過去の母の日の中でも、特に思い出深いエピソードを教えてもらったところ、なんと「泣いて喜んでくれた」という回答が続出! 世の娘たちは母のツボをしっかり心得ているようです。ここでは心温まるエピソードの一部をご紹介します。

「小さいころによく泊まったホテルに、父が亡くなって以来行かなくなってしまったので、『悲しい思い出にしたくないから』と伝えて母の日にそこのビュッフェをプレゼントしたら泣きながら喜んでくれたこと」(22歳/接客・販売)

「母の日に、母が大好きな赤飯を炊いて家で待っていました。帰ってきた母はとても喜んでくれて、私も嬉しかったのですが、その後に『これはもうあなたに渡すわ』と母子手帳をもらいました。本当にいろいろ書かれていて、ジーンときました。お母さんありがとうって、こっちが喜ばされた!」(28歳/CADオペレーター)

「一緒に温泉旅行に行き、夜2人で飲んで酔っ払いました。その時、母から『私には娘がいて幸せだ』と言われ…とても感激しました!」(39歳/一般事務)

「いつも喧嘩ばかりの母。名前と感謝の言葉を彫ったワインをプレゼントしたら、数年経った今でも飲まずに飾ってくれている。言葉はないけどすごく嬉しい」(30歳/ネイリスト)

「花の苗が欲しいと言われて送ったら、翌年まで枯らさずに大切にしてくれており、今では花壇いっぱいに育っていること」(34歳/事務・企画関連職)

「社会人になって、私なりに少し奮発してお母さんにチュニックをプレゼントしたら、表現が下手な母が嬉しそうにコーディネートを考えて鏡で合わせていたこと。梅雨から夏のお出掛け服としてよく着てくれていてとても嬉しく感じます」(25歳/接客・販売)

母娘の絆を感じる美しき思い出の数々! お母さんの嬉しそうな姿と、その姿を見て喜びをかみしめる娘さんたちの様子が目に浮かびます。
しかし一方で、良かれと思ったお祝いが、想定外の結果を招いてしまった人も……。

【欲しいのはコレじゃない】
「ピアスを買ってあげたら、返品しに行っていた」(30歳/営業事務)
「花をあげたら、マカロンの方がいいと言われてしまった」(29歳/事務・企画関連)
「物を渡したら、『10年間いらないから、その分まとめて現金をちょうだい』と言われた」(31歳/営業)
「大好きな食器をあげたら『似たような物がある』とダメ出しされて突き返された」(25歳/営業)

【豪勢なお祝いが裏目に】
「初めて海外旅行をプレゼントしたら、こんなにはしゃいでいる母は初めて見たというくらい楽しんでくれて本当に良かったです。しかし……癖になったようで、今度の母の日で3回目の海外旅行です(トホホ)」(30歳/一般事務)
「奮発してディナーを予約したのに、お店の人が値段付きのメニューを母に渡してしまい、やたらと恐縮された」(33歳/デザイナー)
「ワインを買った帰りに雨が降り、紙袋に入っていたため、袋の底が抜けて割れてしまった。流れていく高級ワインを眺めて2人で沈黙…」(28歳/営業関連職)
「母の日に母娘で温泉旅館に1泊したら、夜に母が飲み過ぎて酔っ払ってしまい、他の宿泊客に絡みまくった」(39歳/一般事務)

【母の日なのに父親が乱入】
「母親宛に送ったお菓子を父親が宅配業者から受け取った直後に開けてほとんど食べてしまい、母親から『おいしかったみたい。ありがとう』と腑に落ちない雰囲気のメールが来た」(30歳/テクニカルサポート)
「母の日のリクエストを聞いたら、普段口数の少ない父親から「父の日はコレがいいな」のリクエストがあった」(33歳/接客・販売)

【思わぬ返り討ち】
「母の日にあげたプレゼントを、後日母からプレゼントされた」(29歳/受付)
「一度は結婚してほしいと言われた」(32歳/営業事務)
「『お金ないくせに無理しなくていい』と言われた」(36歳/クリエイティブ関連職)

たとえ思い描いていた母の日と違う結果になってしまったとしても、「お母さんありがとう」の気持ちはきっと伝わっているはず! 毎年のイベントだからこそ、マンネリ化してしまいがちな母の日ですが、今年の母の日はちょっと気合いを入れて、母娘の思い出に残る一日を過ごしてみるのもいいかもしれませんね。

【アンケート調査概要】
●調査方法:転職サイト『女の転職@type』の20代~30代女性会員およびWebマガジン『Woman type』サイト読者へのWebアンケート
●調査期間:2014年4月18日~23日
●有効回答者数:281名

取材・文/天野夏海(編集部)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「子育て中だからこそ自己実現を追求してほしい」フローレンス・...
「誰もが子育てと仕事を両立できる社会の実現」をビジョンとして掲げる、認定NPO法人フローレンス。代表理事の駒崎弘樹さんに...

28歳で未婚の母に――40代シングルマザーが「この生き方に後...
すでに30代を乗り越えた“40’sウーマン”たちが語る等身大の言葉に耳を傾けてみよう。28歳で未婚の母となり、以来シング...

55年間仕事を続けてきた“83歳現役セールスレディー”の助言...
83歳の現役美容販売部員。にわかに信じられないかもしれないが、55年間化粧品の訪問販売を続け、現在でも先頭集団で走り続け...

「“華原朋美”に愛を注いでいきたい」過去に向き合うことでたど...
約9年ぶり、芸能活動再開後初のリリースとなるオリジナルシングル『はじまりのうたが聴こえる』をリリースした華原朋美さん。小...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

福利厚生が充実している会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

月給25万円以上の事務職求人