14
SEP/2017

女優・門脇麦が明かすモチベーションコントロール術「好きな仕事を好きでい続けるために。いつもフラットでいたい」

タグ:

Another Action

いつも自分をさらけ出すような、一筋縄ではいかない役が多い。強い光の宿った瞳を見ていると、さまざまな監督や演出家が、門脇麦さんにそんな挑戦をさせたくなる気持ちが分かる。2017年9月23日に公開となる映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』では、物語のキーとなる曲を歌う人気シンガー役を熱演。透き通るような印象的な歌声を、映画の中で初めて披露した。

門脇麦
門脇 麦(かどわき・むぎ)
1992年8月10日生まれ、東京都出身。2011年ドラマでデビュー。映画『愛の渦』、『闇金ウシジマくんPart2』などで、第88回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞などを受賞。今後は、17年12月16日公開予定の映画『花筐』などを控えている

仕事のプレッシャーを乗り越えるコツは「腹をくくって、不完全な自分を受け入れること」

今回、スクリーンの中で歌声を届けるという仕事は、門脇さんにとって特別なチャレンジだったという。

「撮影前に歌のトレーニングはしっかり受けたはずだったんですが、何度やっても納得いかなくて、歌が上手い人と自分を比較しては落ち込んだりもしていました。でも、プロの歌手ではない自分がすべきことは、“うまく歌うこと”じゃないって気付いた瞬間があって。そこからは“言葉を届けるための歌”を歌おうと思いました。映画の中でも重要な意味を持つ曲のメッセージが伝わるよう、話すように歌うことを心掛けたんです」

“伝える”という目的に思考を転換できた途端、これまでに芝居で積んできた経験が充分にアドバンテージとなった。山下達郎さんが書き下ろした楽曲に門脇さんの魂が乗り、その歌声が観る者の胸を打つ。

門脇麦

「完璧を目指すことは大事だけど、プレッシャーで不安ばかり大きくなってしまったら元も子もないと思います。だから、いつもやれる限りのことをやった後は『今の自分はこんな感じです!』って、ある意味で腹をくくるんです。“不完全な自分”をさらけ出すのは恥ずかしいけど、その時の最大値を自分で受け入れる潔さって、実は大切なんじゃないかなって」

自分の内面を丁寧に探るかのように、一つ一つの言葉を選んで答える門脇さん。強いメッセージとは裏腹に、彼女の声はとても優しくて、静かだ。

夢が現実になると「好き」だけではやっていけない

「性欲を持てあます女子大生」、「尾行にのめり込む大学院生」、「引きこもりのオタク女子」……門脇さんがこれまでに演じてきた役は、印象的な役が多い。女優になることは、門脇さん自身が選んで進んだ道。だが、演じる役にも強いこだわりがあるのだろうか。

門脇麦

「実は、どんな役を演じるかに強いこだわりは無いんです。自分で選ぶと、結局自分ができる範囲のものになってしまいがちだから。それよりも『こんな役どう?』って、人が客観的に勧めてくれたものの方が、自分の世界を広げてくれることが多い。それに、冷めているように聞こえちゃうかもしれないですが、『これがやりたい』って期待を持ち過ぎると、そうじゃない仕事と比べたとき、熱量に差が出てしまう気がして。だから、今はあまり期待したり身構えたりしないで、どんな役に対してもフラットでいたいんです」

門脇さんは「女優の仕事が大好き」だと語る。しかし、夢が現実になると「好き」だけではやっていけない部分も出てくる。それは、会社員の仕事であっても同じだろう。

「好きで始めた仕事だから、ずっと熱量を持って取り組みたい。でも、仕事にかける想いが強いだけに、理想と現実のギャップに苦しむこともあるし、好きでい続けることが余計に難しくなってくる。そこで思い付いたのが、全ての役にフラットでいられるよう自分をコントロールすることだったんです。でも、それは今この瞬間の考え方。だから1年後、2年後には、またスタンスが変わっているかもしれません」

そう言って、いたずらっぽく笑う。好きな仕事を好きなまま、熱い気持ちで続けていくこと。女優に限らず「好き」をきっかけに今の仕事を選んだ人にとっては、ごく身近な課題だろう。自分らしい解決方法を見つけられた門脇さんの姿は、実にまぶしい。

挑戦のチャンスが開かれるのは、過去の自分の仕事が評価されたとき

仕事に対する自分なりのモチベーションコントロール術を習得し、肩の力が抜けたことで、「ぐっと仕事がしやすくなった」と門脇さん。

門脇麦

「自分に余裕が生まれたら、全ての作品にしっかりと愛がそそげます。でこぼこな道にエネルギーをそそぎこんでもうまく流れなかったけれど、今は道が整ったから、勢いよく流れていくような感じ。何だか、心がすっと軽くなった感じです」

舞い降りたチャンスを掴み取ることに、彼女は貪欲だ。難しそうに思える仕事のオファーに対しても、自信を持って取り組む。

「思いも寄らない役のオファーがいただけたときって、過去の自分の仕事が誰かから評価された証だと思うんです。それは、今の自分に自信を持っていいということだし、これからの自分に期待してもいいということ。自分をストレッチさせてくれるような仕事に取り組むと、生きてるっていう実感が持てます」

もちろん、超えなければいけない壁が高くそびえ立ち、途中で思わずひるんでしまうときもある。自分の演技に納得がいかず、涙したことも一度ではない。

「うまくできないことがあるのってすごく悔しい。でも、それはとても健全なことだなとも思います。だって、“できていない”って分かってるなら、努力して前に進まざるを得ないですから。できてないのに、“できてる”って勘違いしちゃうことの方がよっぽどこわいです」

「絶好調な日は1年間で3日」大人は誰でも“苦しい”がベース

プライベートでは「飽き性」だという門脇さん。プレッシャーの大きな仕事から逃げ出したくなることはないのだろうか。

門脇麦

「どんな仕事をしているにせよ、働くっていうことからはずっと逃げられないですからね。つらいな、とか、不安だな、とか、モヤモヤしたときは、もう諦めてとことんモヤモヤし続けます(笑)。ある人に聞いたんですが、普通の人って『絶好調な日』って1年間で3日くらいしかないんですって。それを聞いてから、何だかうまくいかない日も『完璧なコンディションの日ってレアなんだから仕方ないよね』って考えて、すっきりしない自分と素直に向き合えるようになりました。

20代って、子どもから大人になっていく、まさに中間のタイミング。子ども時代は“楽しい”がベースだから、たまに苦しいことがあると投げ出したくなっちゃうけれど、大人は“苦しい”がベース。大人はいつも苦しいものなんだって思ったら、たまの楽しみのために頑張れたりします。コンディションの考え方と同じように、そういう小さな発想の転換をしてみるだけで、少し楽になれたりするものです」

ハードな役柄ばかりが思い浮かぶけれど、目の前で仕事へのスタンスを語る門脇さんはとてもほがらかだ。自分の芯をしっかり持っているからこそ、常にフラットな状態でいられる。そんな魅力が、また新しい仕事を引き寄せる。彼女自身も想像していない次の“Another Action”が、きっとすぐそばまで来ているだろう。

門脇麦

取材・文/菅原さくら  撮影/赤松洋太


『ナミヤ雑貨店の奇蹟』2017年9月23日(土)全国公開
KADOKAWA/松竹 (共同配給)
(C)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会
http://namiya-movie.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

川口春奈・デビュー10周年で見えた新たな地平「プレッシャーが...
そこにいるだけでパッと周りが明るくなるような華やかさを持った女優、川口春奈さん。そんな彼女が「新たなヒロイン像」に挑戦し...

高畑充希・長編アニメ映画の声優に初チャレンジ!「変化の激しい...
オールラウンドな魅力を振りまく女優の高畑充希さん。多彩な才能を備えた高畑さんにとって、また新しい挑戦となったのが、201...

女優・夏帆が語る “ネガティブモード”脱出法「仕事の向き不向...
各界のプロフェッショナルたちの“仕事へのこだわり”を明らかにしていく連載【プロフェッショナルのTheory】。今回は、演...

【女優・土屋太鳳】ひたむきな努力家が掴み取った夢――「私の代...
2017年8月12日から公開のアニメ映画『フェリシーと夢のトウシューズ』で初の洋画吹替&主題歌の作詞と歌唱に挑戦した女優...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

単調な毎日を脱出!出会いが多い仕事

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

仕事と家庭を両立できる仕事