09
SEP/2014

スーツ姿のかっこよさはまやかし!? がっかりした職場男性のプライベートファッション

タグ:

働く女の本音白書

すっかり涼しくなり、秋の気配を感じる今日この頃。行楽シーズンを前に、職場の人と休日に出掛ける予定を立てていたり、社内運動会などの会社のイベントを控えている、という人もいるのでは? そんな時、気になることの一つが「男性の私服」。普段のスーツ姿とのギャップにグッとくることもありますが、どちらかというと「だ、だせえ……」とがっかりすることの方が多いような……。

職場の男性とプライベートで会ったときに、私服を見てがっかりしたことがありますか?

そこで働く女性296人に「職場の男性とプライベートで会ったときに、私服を見てがっかりしたことがありますか?」と質問してみると、編集部の予想通り、実に7割近い女性が「ある」と答えています。やはりスーツには男性をかっこよく見せる魔力があるのでしょうか? それとも男性陣が私服に無頓着なだけ? 「ある」と答えた人にがっかりした理由を聞いてみました。

がっかりした理由は何ですか?

すると半数以上が「単純にダサかった」と回答。以降には「スーツ(制服)の方がかっこよかった」、「想像していたイメージと違った」と続きます。働く男性たちの私服は、かなりシビアにジャッジされているようです。では具体的に、どんな残念ファッションに遭遇しているのでしょうか?

【残念体型が明らかに】
「社内行事のバーベキューで、Tシャツ&カーゴパンツで現れた。スーツ姿ではさほど目立たなかった、お腹の出っ張りに引きました」(29歳/経理・財務)
「飲み会に、太ってるのにタートルネックで登場。肩に頭が直接乗っているみたいでヘンでした」(25歳/接客・販売)
「華奢な体型なのに白のタンクトップを着ていた。細い肩や腕が悲しく見えたし、肩紐(?)が何回もずり落ちていて、直す姿を見ないふりするのに気を遣った」(36歳/看護師)
「スーツ姿は細身でよかったが、夏だったこともあり私服はTシャツに半パン、麦わら帽子。手足がひょろひょろで、まるで夏休みの小学生」(34歳/接客・販売)

【年相応って言葉、知ってます?】
「会社の自由参加の飲み会で登場したイケメン上司(40才独身)が、全身レザーの服に、ドクロマークのアクセサリーを沢山着けていた」(29歳/接客・販売)
「真面目な先輩が、30代にもかかわらずB系ファッションで、その上ダサかった」(25歳/営業)

【あ、あれ? 別人?】
「スーツのイケメンが、ダサいジーパンのイケてない兄ちゃんに早変わり」(33歳/接客・販売)
「普段はビシッとしたスーツなのに、私服はヤンキーみたいな黒ジャージだった」(29歳/営業)
「スーツ姿はかっこいいんですよ。でも私服はジーンズにチェック柄のシャツで、ザ・理系!」(37歳/技能関連職)

【懐かしの昭和テイスト】
「私服出勤の日に、いつもスーツの男性がジージャン+ジーパンだったときは、さすがに引いた」(30歳/営業企画)
「TシャツをパンツにIN。しかもとどめのケミカルジーンズ!」(36歳/接客・販売)

【会社でのビシッと感はいずこへ?】
「セーターに、たくさん毛玉が付いていた。その上よく見ると、小さな穴がポツポツと。む、虫食い!?」 (25歳/一般事務)
「休日、食事に誘われたので行ったら、Tシャツの襟がダルダルだった……」(36歳/経理・財務)
「カバンが一部破けていて、そこから中綿がはみ出てるのを目にした瞬間、凍りつきました」(25歳/介護ヘルパー)

【独自の進化を遂げたハイファッション】
「首にスカーフみたいなのを巻いていて、なしだと思いました」(28歳/理容・美容)
「年末の飲み会で、やたらと蛍光色が多いアイテムをセレクトしていた。上は水色、下はピンク、メガネは白」(24歳/接客・販売)
「道でばったり会った会社のイケメン君が、まさかの柄on柄コーデでショックでした」(37歳/専門職)

無頓着過ぎる格好には「ダサイ」「だらしない」、マイワールドを追求し過ぎている服装には「引いた」「無理」と、ブーイングの嵐! 仕事中はどんなにかっこいい彼も、私服のセンスとなるとまた別。スーツ姿がりりしければりりしいほど、私服姿の残念さは際立ち、大きな衝撃を受けてしまうようです。ぜひ、普段のイメージを壊さない私服であってほしいところですね。

ただ、どんなに一般的に見てオシャレだったとしても、どうにも好きになれない服装というのもあるもの。最後に「これだけは許せない!」と思う男性のファッションを教えてもらいました。

【どん引き必至のキラーアイテム】
「タンクトップはイヤです」(39歳/事務・企画)
「膝上の半パンはナシ!」(27歳/MR)
「手持ちのクラッチバッグ。待ち合わせに現れたら、回れ右して帰りたくなるくらい厳しい」(37歳/一般事務)
「とんがりすぎの靴」(25歳/営業)

【セクハラコーデ】
「股間が強調されるサイズ感のパンツ」(29歳/経理・財務)
「胸元が大きく開いていたり、乳首が透けていたりすると、もう……」(30歳/一般事務)
「パンツ丸見えの腰パン。誰が見たいと思っているのか疑問です」(24歳/事務・企画)

【時代錯誤ファッション】
「ラッパズボンや、セカンドバックは厳しいです」(27歳/一般事務)
「カーディガンのプロデューサー巻きは、なぜそうしたのか問い正したくなる」(29歳/営業)

【やっぱり気になる清潔感】
「革靴なのに、生足。女子でも絶対クサくなるはず」(23歳/接客・販売)
「わき汗の目立つシャツ」(25歳/接客サービス)

世の女性たちは男性の服装に対して、思うところがたくさんあるようです。とはいえ、これはあくまでも女性の意見。女性が理解できなくても、男性から見ればオシャレな格好かもしれません。女性人気が高くても、男性が「許せない!」と思う女性のファッションもきっとあるはず。男性の私服への辛口評価はほどほどにしつつ、プライベートで職場の人と会うときは、「人の振り見て我が振り直せ」の精神を胸に、家を出る前に今一度、自分のファッションを見直してもいいかもしれませんね!

【アンケート調査概要】
●調査方法:転職サイト『女の転職@type』の20代~30代女性会員およびWebマガジン『Woman type』サイト読者へのWebアンケート
●調査期間:2014年8月20日~25日
●有効回答者数:296名
取材・文/萩原はるな

連載『働く女の本音白書』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman-type.jp/wt/feature/category/honneをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「産休・育休が怖い」――仕事に没頭してきた女性が出産で得たこ...
「女性へのGIFT」と題したトークセッションに登壇した人気スタイリストの亀恭子さんとライフスタイルプロデューサーの村上萌...

30代は取捨選択の時――「産まない」覚悟で仕事に没頭した女性...
すでに30代を乗り越えた“40’sウーマン”たちが語る等身大の言葉に耳を傾けてみよう。アイティメディア株式会社の浜田純子...

ママ社員にイラっとする、子なし女性の本音――「分かり合えなく...
出産後の女性の脳には、どんな変化があるのだろうか。職場のママ社員たちの体に起きている変化を理解すべく、脳内科医の加藤俊徳...

スタバ勤続15年、「超ビビりな私」が会社を辞めて人口約170...
2016年8月に男木島に移住したダモンテ祐子さん。現在は、夫と2人で「カフェ」をオープンするため店舗の建築作業に取り組ん...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

福利厚生が充実している会社

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

制度充実!子育てしやすい会社

トレンドを発信!ファッション・コスメ系の仕事