19
FEB/2013

7割の女性が彼氏のお給料額を知っている! うまく聞き出すコツ4パターン【アンケート企画:働く女の本音白書 Vol.17】

タグ:

7割の女性が彼氏のお給料額を知っている! うまく聞き出すコツ4パターン【アンケート企画:働く女の本音白書 Vol.17】
7割の女性が彼氏のお給料額を知っている! うまく聞き出すコツ4パターン【アンケート企画:働く女の本音白書 Vol.17】

2月後半、バレンタインも過ぎ、次に待ち遠しいのはホワイトデーのお返し・・・という季節ですね。

昔は「3倍返し」なんて言われていたようですが、現代の男性たちにとってはそんなの非現実的だろうなーなんて、理解できちゃうのが働く女の悲しいサガ。

とはいえ、“彼氏のお財布事情”をみんなどのくらい正確に把握しているものなのでしょうか?

今回は、働く女性261人に、「彼氏のお給料を知っているか」を聞いてみました。

上のグラフを見てみると、やはり「彼氏のお給料を知りたい!」と考える女性が約8割と圧倒的多数に。ただし、「自分から聞くのは気まずい」と思っている人は4割強。「気まずくない」という人は3割強にとどまり、やはりお金のことはどちらかと言うと聞き出しにくいネタと認識している女性の方が多いようです。

7割の女性が彼氏のお給料額を知っている! うまく聞き出すコツ4パターン【アンケート企画:働く女の本音白書 Vol.17】

ちなみに、Q.1で「彼氏のお給料を知りたい」と答えた方に、その理由を聞いてみました。すると、圧倒的に多かったのが「将来的に結婚を考えているから」という答え。野次馬根性で知りたいわけではなく、将来設計のために必要なデータとして把握しておきたいという女性が大半のようです。

では、いよいよ「彼氏のお給料を知っているか?」という質問の結果がこちら。下のグラフをご覧下さい。

7割の女性が彼氏のお給料額を知っている! うまく聞き出すコツ4パターン【アンケート企画:働く女の本音白書 Vol.17】

「正確に知っている」「だいたい知っている」と答えた女性は、なんとほぼ7割! Q.2では確か「彼氏のお給料を聞くのは気まずい」って奥ゆかしい女性の方が多かったはずなのに・・・。

働く女性たちは、自分では聞かずにさりげなく彼氏のお給料を知るノウハウを持っているのでしょうか? 「正確に知っている」「だいたい知っている」と答えた方に、どうやって知ったのか聞いてみると・・・。

7割の女性が彼氏のお給料額を知っている! うまく聞き出すコツ4パターン【アンケート企画:働く女の本音白書 Vol.17】

めっちゃ直接聞いてるー!(笑)

と、思わずツッコミを入れてしまいましたが、そう、最も多かったのは「彼氏に直接聞いた」という回答。「会話から何となく」推測するよりも、直球勝負に出る女性が多かったのは意外な結果となりました。

そうは言っても、「いくら貰ってるの?」とまでストレートに聞く女性はさすがに少ない様子。

アンケートの中で具体的に答えてもらった「彼氏のお給料を知ったときの状況」を分析してみると、次の4パターンの手法に分類できることが分かりました。

【自分さらけ出しパターン】
「私の給料をオープンにしていたら、あんまり変わらないけど俺のほうが多くて良かったというような事を言っていたから」(26歳/インテリアコーディネーター)
「自分自身の年収を時給計算したら少なかったよって話題を出したら、彼氏が計算しだしたのでそれをこっそり見ました(笑)」(35歳/事務・企画関連職)

【結婚話からの発展パターン】
「結婚の話になり、給料はいくらもらってるのかデート中にカフェで真剣に話し合った」(27歳/接客・販売)
「お互いの将来の話など希望的観測を元に話しながら、徐々に詰めて行きました」(43歳/カスタマーサポート)

【おだてて自白誘導パターン】
「残業代によって大きく左右されていたので、残業が多かった時に、今月めっちゃもらってるやろー!いくらぐらい?って聞きました。そのついでに少ない時のも聞きます。お金の話は多そうな時とかボーナスの時とか、彼が自慢できる時にノリと勢いでおだてて聞くのがコツ」(22歳/営業)
「自分からこんなにもらった!と言ってきた」(28歳/営業)
「彼が新しい車を買うので、一緒に雑誌を見たりディーラーで選んだりしていたのが国産のセダン。新車で価格も高い車だったのでついでに聞いてみた」(36歳/教育関連)

【グチ聞き上手パターン】
「今の給与形態に不満があるらしく、自分から色々話していた。私はそれを、驚いたり同調したりしながら聞いてました」(29歳/クリエイティブ関連職)
「経営難で給料が減って●●円になったと実際彼が愚痴っていたので」(27歳/営業事務)
「残業が多く帰宅時間が遅いという話題から、『えーそんなに頑張って給料どのぐらい貰えるのー?』と自然な流れで聞きました」(24歳/コールセンター)

中には、「彼氏から、貯金と給料を見せてくれた。結婚を想定してくれており、安心させたかったとのこと」(28歳/システム開発)なんて憧れちゃうエピソードもありましたが、多くの女性は、結構計画的みたい。聞きやすい話題を振って、斬り込むタイミングを測っていることが分かりました。それには「事前に相手の趣味、家賃などは予め聞いておくと会話の流れがスムーズ」(29歳/営業事務)といった普段からの仕込みが必要とのこと。

気になるけど聞けないでいる女性の皆さん、これらの手法を参考にそろそろ彼氏のお給料を聞いてみては?

【アンケート調査概要】
●調査方法:転職サイト『女の転職@type』の20代~30代女性会員およびWebマガジン『Woman type』サイト読者へのWebアンケート
●調査期間:2013年2月8日~2月12日
●有効回答者数:261名

取材・文/根本愛美(編集部)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「無理してる」と感じた時がキャリアの転機! 20代前半の転職...
20代前半のキャリアチェンジには勇気がいるもの。 実際に職種チェンジをして事務職になった女性たちの、働き方やライフスタイ...

「お給料」よりも実は大事!? 働く女性が仕事を愛する理由 
働く女子なら、「あー今日は仕事したくなーい!!」なんて日もたまにはあります。働かずに暮らせたら……とつい夢見てしまうこと...

“ヨコから目線”がカギ? 女性リーダーを悩ませる「男性の年上...
20代後半にもなれば、そろそろプロジェクトのリーダーやチームマネジメントを任される機会も出てくるだろう。若くしてマネジメ...

「お一人様」でどこまでいける? 働く女性のボーダーラインを探...
働く女性の「お一人様」事情について調査!お一人様のボーダーラインを探るべく、13個の項目について1人で行けるかを聞いてみ...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

福利厚生が充実している会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

月給25万円以上の事務職求人