23
APR/2013

歓送迎会はやっぱり面倒!? 働く女性が遭遇した酒席の「残念エピソード」集

タグ:

働く女の本音白書

4月といえば歓送迎会シーズン。プライベートの飲み会とは違い、問答無用の強制参加で、そろそろ胃も心も疲れ気味……という人もいるかもしれません。そこで、今回は働く女性に歓送迎会についての本音を聞いてみました。

歓送迎会についての本音

上のグラフは歓送迎会に参加したいと思うかを聞いた結果。実に、働く女性の半数以上が「面倒なので参加したくない」と回答しました。「好き」という肯定派が2割程度にとどまることからも、参加を負担に思っている女性はかなり多いようです。
気乗りしないのには理由があるはず――ということで、歓送迎会にまつわる失敗&残念エピソードの数々を教えてもらいました。

【飲み過ぎな人々編】
・送別会で、送り出される方が泥酔。ほかの子の鞄にリバース。(28歳/接客・販売)
・ハゲてる人に酔っ払ってハゲと言ってしまった。(21歳/介護ヘルパー)
・先輩方が泥酔してしまい、新入社員のわたしが付き添うことに。その頃は終電が早かったのですが、全く帰してもらえず、そのまま朝まで面倒を見てから出勤。その日の仕事は辛かったです。(21歳/接客・販売)
・飲めないのにノリで飲んでしまい帰りの電車で倒れてしまった。一緒に帰っていた上司の上司(部長クラス)が一緒に最寄駅で降りてくれて主人に連絡してくれた。翌日恥ずかしくてお礼お詫びに行きましたが、まともに顔が見れませんでした。(37歳/事務・企画関連職)
・高血圧の薬を飲んでいるのに大量に飲酒し、意識不明になる上司がいる。(29歳/営業企画)

【セクハラ上司編】
・社長に、個人的に夜2人で出掛けようと言われたこと。女子社員は男性社員にお酒をついでまわらないと怒られたこと。無礼講と言いつつ、しっかり翌日からの仕事に失態をいつまでも持ち出されてた同僚が気の毒だった。(43歳/一般事務)
・上司が悪酔いしてえげつない下ネタを連発、周りがドン引き。(24歳/カスタマーサポート、オペレーター)
・上司も集まる歓迎会。酔っぱらってきた1つ上の先輩が風俗ネタをペラペラ・・・微妙な空気になり、新入社員が泣き出した。(29歳/技術関連職)

【空気を読めない人々編】
・退職する方の送別会で、主役でもない非常勤の女性が突然婚約発表をした。あり得ない。(29歳/一般事務)
・その人のために皆で送別会したのに、blogでつまらなかったと書いていた。(37歳/一般事務)
・最後の挨拶をかなりの上から目線でしている後輩に残念さを感じた。(35歳/営業事務)
・自分の嫌いな人が隣に座り、あからさまに嫌な顔をしてしまった。(37歳/総務・人事)

【お金の不満編】
・まだ給料も出ていないタイミングでの歓迎会で、上司が支払いを「みんなで割り勘ね」と、一円単位まできっちり割ってた。先輩方は新人以外で割りましょうと言ってくれてたのにそこまで!?と思った。(28歳/エステティシャン)
・派遣先での自分の歓迎会に実費を支払わされた。その会社は大手有名カード会社だったので唖然。(44歳/総務・人事)

【面倒くさい人々編】
・退職する部下に対して上司が「会社が変わっても、自分が変わらなければ意味がない」と説教を始めた。(35歳/事務・企画関連職)
・わたしが辞めるときに上司に「君みたいな好戦的な部下は初めてだ!」といきなり最後の最後で説教をされた。(40歳/クリエイティブ関連職)
・常に若手が素っ裸になる。(25歳/事務・企画関連職)

【今すぐ帰りたい編】 
・成績の悪い営業の人の隣で、口臭が…。微妙に除けながら話したけど、においは避けられず、食べる気も飲む気も失せた。多分、成績不振の原因の一つだったんだろうなと後から分かった。(33歳/営業事務)
・部の中で孤立。(31歳/一般事務)
・話をしようと思っても雰囲気にのまれてしまい、何も思いつかずひたすら飲んで食べて人の話を聞いて、盛り上がっている社員たちを見ているしかできなかった。(36歳/ホテル、宿泊サービス)
・突然、1人ずつ一発芸をしようという話になり、わたしはそういうのが苦手なので自分の番の近くになったらこっそりトイレへ逃げました。トイレから戻り、「あれ?一発芸やった?」と聞かれ、「やりましたよ」と答えてみたのですが、「そうだっけ?」と何だか少し冷たい目で見られてしまいました。(27歳/接客・販売)

【嘘みたいな本当の話編】
・わたしともう一人の人の歓迎会と、もう一人の人の送別会で行った串焼き居酒屋さん。次の日10人中9人が、鳥肉にあたり、下痢嘔吐等でダウン。その居酒屋オーナーも誠実ではなく、会社を巻き込んでの大騒動!本当大変でした。(28歳/クリエイティブ関連職)
・転勤が決まり、送迎会をした相手が、転勤してから1週間後にまた戻ってきた。本人に原因があるわけでなく、会社のせいですが。。。(33歳/事務・企画関連職)

皆さん、歓送迎会ではさまざまな“残念体験”をしている様子。特に、飲み過ぎやセクハラにまつわるエピソードが多く寄せられました。

他人の失態はなるべく広い心で受け流し、自分は失態を引き起こさないよう少し自制を。そんなスタンスで、避けては通れぬ歓送迎会を楽しみながら乗り切りたいものです。

【アンケート調査概要】
●調査方法:転職サイト『女の転職@type』の20代~30代女性会員およびWebマガジン『Woman type』サイト読者へのWebアンケート
●調査期間:2013年4月12日~4月18日
●有効回答者数:123名

取材・文/鶴田友子(編集部)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「え、何で!?」思わずびっくりした新入社員のあり得ない行動
働く女性にとって、日常にプラスする新しいチャレンジといえば、「習い事」を連想する人も多いでしょう。実際に働きながら趣味や...

あえての間食が秘訣!? お花見・飲み会シーズンでも“太らない...
管理栄養士・道江美貴子さんが働く女性に食の知恵を伝授! 今回は、飲み会が続くシーズンでも太らないために覚えておきたい飲み...

うつ病を招く危険行為!? 自律神経のバランスを崩すNG行動
ミチワクリニック心療内科・内科院長の佐久間一穂さんに、働く女性たちがやってしまいがちな「自律神経のバランスを崩すNG行動...

「私たちバリキャリのままでどうなるの?」20代お悩み女子×3...
「なんだか仕事に振り回されている気がするんですけれど?」という20代働く女子のお悩みに、女子部JAPAN(・v・)の30...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

福利厚生が充実している会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

月給25万円以上の事務職求人