06
SEP/2019

【コスプレの女神Liyuu】上海出身、普通の女子大生がTwitterフォロワー40万人超えの人気コスプレイヤーになるまで

タグ:

<特集>#愛を語ろう

「愛」って恋愛だけじゃない――。この特集では、好きで好きでたまらないものがある人たちに、熱烈な“愛”を存分に語ってもらいます。自分の「好き」を深めるヒントや、「好き」を見つけるヒントをもらっちゃおう!

コスプレと言えば、いまやジャパニーズ・カルチャーの代表格。大好きなゲームやアニメのキャラになりきり、非日常の世界にどっぷり浸る楽しさがある。また、そんなコスプレの世界で人気急上昇中なのが、Twitterのフォロワー40万人超えの上海出身のコスプレイヤー、Liyuu(リーユウ)さんだ。

いまや、コミケに出ればカメラマンが黒山の人だかりをつくるほどの人気ぶり。まさに、アニメ・漫画の世界から飛び出してきたようなリアルすぎるコスプレに感嘆せずにはいられない。

コスプレを愛してやまないというLiyuuさん。コスプレを好きになったことで人生はどう変わった?

Liyuu
Liyuu(リーユウ)さん
日本のアニメやかわいい女の子キャラが好きで、高校生の時にコスプレを始める。2019年夏、上海の大学のデザイン学科を卒業。現在は、日本でのタレント活動も増やしている。雑誌『Quick Japan』(太田出版)では、連載コラムも執筆中。今後、日本での歌手デビューも決まっている。
Twitter:@Liyu0109
HP:http://liyuu0109.com/

初めてのコスプレは『けいおん!』の唯ちゃん
可愛い女の子キャラが出てくる日本のアニメが大好き

――コスプレはいつから始めたんですか?

高校生の時ですね。もともと日本のアニメが大好きで、中学生の頃からいつか絶対コスプレをしたいと思っていました。きっかけは、ネットで中国や日本のコスプレイヤーさんを見たこと。皆さんすごくリアルでかわいくて、衝撃を受けたんです。

――上海では、コスプレって流行っているんですか?

この3年ぐらいで一気に流行り始めた印象です。基本的には皆、日本のコスプレイヤーさんと同じような楽しみ方をしていると思います。主に、日本のアニメのキャラのコスプレをして、写真を撮ったりイベントに行ったりっていう感じ。

私がコスプレを始めたばかりの頃はそういうイベントも少なかったので、自分でスタジオを借り、友だちと一緒にカメラマンさんに撮ってもらったりしていました。

Liyuu

――最近は中国発のアニメも増えているそうですね。ちなみに、Liyuuさんはどんなアニメが好きなんですか?

私は日本のアニメが大好きで、特に好きなのは『カードキャプターさくら』、『ラブライブ!』シリーズ、『けいおん!』とかですね。可愛い女の子のキャラがたくさん出てくるアニメが好きです。

――どうしよう、すごくかわいい……。

ありがとうございます(照)

――初めてコスプレしたキャラは?

『けいおん!』の平沢唯ちゃんです。初めてコスプレに挑戦した時は、複雑な衣装を用意したり、メイクで表情を再現するのが難しかったので。唯ちゃんが着ているような制服だったら上海でも手に入ったので、そこから試してみました。

――これもかわいすぎる~(惚)

ふふふ。うれしいです。

ブレークのきっかけはTwitter
『Re:ゼロから始める異世界生活』のレムさんのコスプレが話題に!

――上海では、最近コスプレが流行り始めたということですが、普段どうやって衣装を調達しているんですか?

中国国内のネット通販をよく使っています。なかなかリアル店舗はないので。あとは、今は1カ月に1度は日本に来ているので、その時に秋葉原のショップで買ったりすることも。私はあんまり器用な方じゃないので、手作りはしません(笑)

Liyuu

――衣装は何着くらい持っているんですか?

うーん、どれくらいだろう? 数十着はありますが、数えたことがない……。部屋に入り切らないので、ベランダに専用クローゼットを置いてそこに収納しています。

――コスプレをするときのメイクや髪型ってすごく難しそうですよね?

ネット動画を見たり、ほかのコスプレイヤーさんたちのSNSの写真を見たりして、すべて独学で勉強しています。

あとは、キャラクターの表情はよく研究していますね。アニメを何度も一時停止して、どういう顔をするのか見て、自分がコスプレしたときにどんな感じに仕上げるか決めるんです。

――なるほど。やっぱり努力が必要なわけですね。今は、Twitterのフォロワーが40万人を超えていますが、ブレークしたきっかけってあったんですか?

まず、2016年にTwitterアカウントを開設しました。その時の投稿がこちらです。

それで、3回目の投稿で『Re:ゼロから始める異世界生活』のレムさんのコスをアップしたら、それがめちゃくちゃバズって。

「クオリティー高い!」「かわいい!」っていうリプがいっぱい来て、一気に2万リツイートされました。本当にびっくりしましたよ。

――コスプレをしていて、楽しいのはどんな瞬間ですか?

アニメやイラストをたくさん眺めて、キャラの性格や表情、衣装の複雑さとか、ウィッグの質感などを研究している時ですね。

Liyuu

例えば、アニメを見ながら「まずこのシーンのこの表情がかわいいからコスしよう」って決めて、鏡を見ながら目線や顔の動きを真似します。ウィッグも、色味や光沢によって全然リアルさが変わってくるので、どれにするか選ぶのは大変(笑)。

だけど、どれだけキャラに近づけるかなって、夢中になって考えている時が一番楽しいですね。

――普段どのくらいアニメを見ているんですか?

うーん、もう、いつでも隙あらば見ていますね。ご飯を食べている時も、移動中も、10分くらいの休憩時間でも、ずっと見てるかも。次はどの子のコスをしようかなって考えてます。最近のお気に入りは、『ナカノヒトゲノム【実況中】』。すごい面白いからオススメです!

――どのキャラクターになる時が一番あがります?

難しい質問! でも、強いて言うなら『ラブライブ!サンシャイン!!』のキャラクターですね。アイドル風のキラキラした服とか、日本の学校の制服に憧れがあるので、うまくなりきれたときはめちゃくちゃテンションが上ります。

夢だったコミケ(C91)に参戦!
日本語はできなかったけど、コスプレで交流できた

――今年のコミケ(C96)では、Liyuuさんを撮影するためにたくさんのカメラマンの方が集まっていましたよね! コミケにはいつ頃から参加しているんですか?

2016年の冬コミ(C91)からです。その時は「憧れていたコミケについに行ける! ってかなり張り切って、3日間全然違うコスプレで参加しました。初日は『ストライクウィッチーズ』シリーズの宮藤芳佳(みやふじ・よしか)、2日目は『アイドルマスターシンデレラガールズ』の前川みく、3日目は『ToLOVEる』のモモですね。

とにかく人が多かったし、真冬だったのでめちゃくちゃ寒かったですけど、新鮮な経験で楽しかったです!

――当時(C91)から、コスプレの気合いがすごい!

はい。それはもう気合いを入れましたよ、夢のコミケですから(笑)。あと、コミケに参加してうれしかったのは、同じ趣味を持つ人たちと交流できたことですね。

当時の私は、今ほど日本語がしゃべれなかったんですけど、コスプレをしているだけで皆さんと交流できたんです。まだ知名度もなかったから、最初は撮影しに来てくれるカメラマンさんもほとんどいなかったけど、少しずつ「今度撮らせてね」って連絡してくれる人も増えて。SNSを通じて、写真を送ってくれる人もいました。

そういうことが励みになって、「絶対またここにくるぞ!」って思いました。

――改めて、今年の夏コミ(C96)はいかがでしたか?

4日間の会期中、1日目と4日目に参加しました。初日は『DEAD OR ALIVE』のマリー・ローズのコスでした。100人以上のカメラマンさんが集まってくださったみたいで、1回の囲み撮影では撮りきれなくて。何回かに分けて撮影してもらいました。当日は35℃を超えていたのに、皆さん根気よく待ってくださって、ありがたかったです。

Liyuu
Liyuuさん(中央)を撮影するカメラマンたち

4日目は、自分のサークルで『キミとの夏』っていう新作の写真集を販売しました。大好きな制服も何パターンか着たし、ウェディングドレスみたいな衣装も着られたので、テンションが上がりました。

――Liyuuさんがお手本にしたり、憧れているコスプレイヤーさんって、いるんですか?

います! 特に、えなこさん@enako_cos)が憧れですね。中国でも大人気のコスプレイヤーさんなんですけど、とにかくかわいくて……。

えなこさんは、「キャラが好きな気持ち」がもう全面に出てるんですよ。ちょっとしたしぐさとか、頬をふくらませる表情とか、「あ~、このキャラはそうだよね! 分かる~!!」っていう感じ。もう、たまらないです。

それから、えなこさんって、毎回コミケのたびに、アニメとかじゃなくて自分で考えたオリジナルの衣装で参戦する日があるんです。それもまためちゃくちゃかわいくて。なんでこんなにかわいいんだろうって、いつもうっとりしちゃって……。

――今回の夏コミでは、えなこさんにも会えました?

会えたんですよ! 4日目に、えなこさんが私のブースに来てくれて! お互いの写真集を交換しちゃいました。本当に嬉しかった……(恍惚)。

私の人生を輝かせてくれたコスプレとの出会い

――コスプレを始めて、Liyuuさんの人生はどんな風に変わりました?

もう、まるっきり変わりましたね。こうして日本に来られるのもコスプレを始めたからだし、自分が歌手デビューしたりするなんて夢にも思っていませんでしたから。趣味友達が増えたことも、SNSでフォローしてくださっている皆さんとの出会いも、全部コスプレ好きがきっかけです。

あと、性格も明るくなったって言われます。

――性格にも変化が?

そうです。以前は、初対面の人と仲良くなるのはあんまり得意じゃなくて、どちらかというと静かなタイプで。でも今は、同じアニメやキャラを好きな人となら、すぐ仲良くなれる。コミケみたいに人がいっぱいいる場所でも、自分に自信を持って人前に出られるようになりました。以前の私だったら考えられない!

――それはすごい変化ですよね。

はい。あとは、メイクがめっちゃうまくなりました。顔を自在に変えられます。これもコスプレ好きになったからこそ、得られたことかな(笑)

すべてひっくるめて、コスプレが大好きだし、コスプレが私の人生を輝かせてくれています!

Liyuu

――ですね(笑)。では最後に、Liyuuさんの話を聞いて、コスプレを始めてみたいと思った人に、コツを教えてください!

自分の好きなキャラの、簡単に真似できるコスから始めた方がいいと思います。アニメのキャラって複雑な衣装のケースも多いので、いきなり難しい格好にトライしたら、失敗しやすいかも。

制服のキャラクターとかなら比較的シンプルだから、真似しやすいと個人的には思います。あとは、私服でTシャツを着ている子とか。

自分の好きなキャラになりきるのってすごく気分があがりますよ。皆さんもぜひ一緒に楽しみましょう!

取材・文/石川香苗子 撮影/赤松洋太 企画・編集/栗原千明(編集部)

『#愛を語ろう』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman-type.jp/wt/feature/category/work/loveをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

年間250タイトル視聴、1日12時間を海外ドラマに捧げる二児...
世界規模で大ヒットを巻き起こす海外ドラマの数々。そんな海外ドラマを盲愛し、生活のほとんどを海外ドラマに捧げる女性がいる。...

【石山蓮華】家選びだって“電線ビュー”重視です! 生粋の電線...
女優・タレントの石山蓮華さんは、ちょっぴり人とは違ったものに愛情を注ぐ一人。彼女が愛したのは、電線。電線愛好家として同人...

「サウナは母であり宇宙」“自分がなかった”女優・清水みさとに...
女優・清水みさとさんにとって、サウナは癒しであり、心を自由にしてくれるもの。「もともとは“自分がない”タイプだった」とい...

「Sexy Zoneと中島健人のファンだから、こんなに毎日が...
2011年に結成されたジャニーズ事務所所属のアイドルグループ『Sexy Zone』。中島健人さん、菊池風磨さん、佐藤勝利...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

憧れの上司と働く!女性管理職がいる会社

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

プライベートも充実!年間休日120日以上の求人

未経験でも安心!ノルマが厳しくない営業求人