07
MAY/2013

プロポーションもすっきり?! 初心者が流行のネオンカラー小物を上手に操るテク

タグ:

宮田理江が働く女子に“旬”のファッションを解説
今知りたい!トレンド・キーワード

ファッションは自分流に楽しみたいから、目先の流行に振り回されたくない。でも、新トレンドのエッセンスは押さえておきたい。そう思っている働く女子は多いハズ。そんな気持ちに応えて、ファッションジャーナリスト・宮田理江が「これだけは見逃せない」という旬のおしゃれトレンドを解説し、明日からの着こなしを引き立てるお役立ちテクニックを提案します。オフィスやプライベートでのスタイリングに生かせる知恵とスキルをあなたにレコメンドします。

ファッションジャーナリスト 宮田理江(みやたりえ)
ファッションブランドの販売員やバイヤー、プレスを経験して、ファッションジャーナリストへ。現場経験を生かしたファッショントレンド分析・解説、スタイリング提案までマルチにこなす。自分らしい着こなしを見つけるための手ほどきを集めた著書『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)が発売中http://riemiyata.com/

映画『ビル・カニンガム&ニューヨーク』から学ぶ、NY流スタイル

働く女性にとって映画は身近な存在。仕事が終わってまったりDVDを見たり、週末には映画館に行ったり。実は、映画には使える着こなしや旬のファッションがいっぱい。映画を満喫するのと同時に、オフィスやプライベートで取り入れられるおしゃれのコツを学んでみませんか?

プロポーションもすっきり?! 初心者が流行のネオンカラー小物を上手に操るテク
©The New York Times and First Thought Films.
プロポーションもすっきり?! 初心者が流行のネオンカラー小物を上手に操るテク
©Warner Bros. Entertainment Inc.
【映画情報】
ビル・カニンガム&ニューヨーク
5月18日(土)より新宿バルト9ほか全国順次ロードショー
配給:スターサンズ、ドマ
©The New York Times and First Thought Films.
公式サイト:http://www.bcny.jp/

ストリートスナップはここ数年で日本にも定着した感がありますが、その元祖とも呼べそうな人がニューヨークの写真家ビル・カニンガム氏。有力紙「ニューヨークタイムズ」でファッションと社交のコラムを担当する彼は50年間も街角でおしゃれスナップを撮り続けてきました。

映画『ビル・カニンガム&ニューヨーク』は彼を追ったドキュメンタリーです。いつもほとんど同じような飾らない出で立ちでカメラを構え、自転車で移動するその姿はストイックで生真面目。地味な仕事でも、続けることが価値を生むということにあらためて気付かせてくれる点でも、働く女性にこそ見てもらいたい映画です。

セレブを追うパパラッチが出現する前から物静かにシャッターを切り続けてきました。知名度なんかに振り回されず、自分が気に入った着こなしの人だけを撮るスタンスにブレは皆無。ファッショントレンドに流されず、その人らしい自分スタイルを持っている人を目ざとく見付け、カメラを向けます。だから、彼に「写真を撮らせて」と声を掛けてもらえるのは、おしゃれ上級者たちにとっても名誉なことなのです。

この春夏は景気の上げ潮気分を映して、ネオンカラー(蛍光色)を取り入れる着こなしが旬。一足先に景気回復の波に乗ったニューヨークでは、操り方が一見難しそうなこの色を巧みに手なずけたおしゃれ上手があちこちに現れています。彼女たちが披露したさすがのコーディネートをヒントに、この映画に出てくるニューヨークならではの個性的な着こなしも重ね合わせて、自分らしいスタイルを見付けてみては。

ネオンカラーを操って一段上の着こなしを手に入れる

ネオンカラーは特有の高発色が元気や若々しさを発信してくれます。陽射しが強くなるシーズンには、太陽に負けないチアフルな装いに仕上げて。イエローやオレンジは柑橘系のジューシーなムードをプラス。パーカのようなスポーティーなアイテムを選べば、躍動感が出ます。くつろいだ風情のニットとも割と好相性。

シャツやブラウスにあしらうと、ポジティブな気持ちが伝わりそう。押し出しの強さが気になるなら、ストールを重ねたり、袖まくりなどで色の見え具合をコントロールしてみましょう。

主張が強めのネオンカラーだけに、ハンドリングに自信がない場合、小物から試すという選択肢もあります。帽子やバッグ、ソックスなど、身体の中心から少し離れた位置にある小物類はいくらか印象が弱まるので、比較的意識しないでネオンカラーを取り入れやすいはず。

目立つ色が身体の端にあると、視線が引っ張られて、プロポーションもすっきりして見える効果もあります。帽子は背を高く見せてくれるし、ソックスは伸びやかなレッグラインを印象づけます。動きを演出しやすいバッグやポシェットは絶好の落とし所。ベルトや靴、バングルなどにも取り入れやすいから、この夏はネオンデビューを飾って、前向きなアクティブ感を目に焼き付けてみませんか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「黒」を重たく見せないコツって? ウェス・アンダーソン製作の...
ロマンティックコメディ『マイ・ファニー・レディ』から、今期注目の、セクシーな大人の黒スタイルを学びましょう。

「フランスでは、結婚・出産でキャリアを中断する女性はいない」...
"2013年から日本でのサービスをスタートした『My Little Box(マイ・リトル・ボックス)』の創立者であるファ...

おしゃれな人は知っている!アクセと小物でつくるパーティルック...
12月22日から公開になる、ファッションエディター・ダイアナ・ヴリーランドのドキュメンタリー映画『ダイアナ・ヴリーランド...

夏のおしゃれ気分を盛り上げる!モードなピンク服を操るコツ
映画『グランド・ブダペスト・ホテル』のキーカラーとなっているのは、夢見心地に誘うようなピンク。2014年のトレンドカラー...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

憧れの上司と働く!女性管理職がいる会社

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

プライベートも充実!年間休日120日以上の求人

未経験でも安心!ノルマが厳しくない営業求人