29
JUL/2013

マンパワーグループ 大迫知未さん/将来のことは誰にも分からないから、やみくもに悩まず“今”を頑張る!

タグ:

突撃! 隣のステキ女子
ワーキングビューティ・アルバム

仕事でもプライベートでも輝いている女性をクローズアップ! 自分らしいワーク&ライフスタイルで充実した毎日を送っている女性たちから、ハッピーに生きるヒントを教えてもらっちゃおう。

マンパワーグループ 大迫知未さん/将来のことは誰にも分からないから、やみくもに悩まず“今”を頑張る!
マンパワーグループ株式会社
錦糸町支店 アカウントセールス
主任 大迫 知未さん
2006年に新卒でマンパワーグループに入社して以来、人材派遣事業の営業部に所属。09年にGCDF-Japanキャリアカウンセラーの資格を取得し、11年4月からは主任としてチームをまとめる立場に

今回紹介するワーキングビューティーは、人材派遣の営業として働く大迫知未さん。外回りも多く、数字目標にも追われる仕事をしながらも、いつも明るく前向きに業務に向かい、心身ともに美しくいられるのはなぜなのか。その秘訣を伺った。

野球部マネージャー経験で培った
“へこたれない精神”

編集部:新卒からずっと人材派遣の営業職なのですね。どんなお仕事をされているのですか?

派遣スタッフを必要としている企業を探すという新規開拓はもちろん、既存顧客である企業を訪問し、派遣スタッフの勤務状況や、新たなニーズをヒアリングしています。また、すでに派遣されているスタッフと定期的に面談し、仕事などで困っていることがないかなど、細かく聞くようにしています。1日のうち大半は外出していますね。

編集部:それはお忙しそうですね! 営業職というと、数字に追われて精神的にもハードなイメージがあるのですが、実際はどうですか?

正直、毎月の数字目標はあるのでプレッシャーはあります。でも、当社はチーム力を大事にしていて、個人の目標が厳しそうだったら、チームのメンバーで補い合い、チーム全体で達成しようという風土があります。これまで、お互い助け合いながら目標を達成してこられたので、数字目標が苦になることはなかったですね。わたし自身、楽観的な性格というのもあるのかな(笑)。
それよりも、わたしたちは商品ではなく、“人”を扱う仕事をしているため、派遣スタッフの勤怠の乱れなど、トラブルも少なくありません。やはり、顧客企業からクレームが入ると凹みますね。

編集部:トラブル対応は気分的にも落ち込みますよね。そんなときどうやって切り替えるのですか?

おかげさまで毎日忙しすぎるくらいなので、落ち込んでいる暇がないというのが本音です(笑)。寝たら忘れるじゃないですけど、いつまでも引きずらないようにしています。トラブルやクレームがあったら、その場でしっかり対応して「次につなげよう!」と。
思えばこんなポジティブな性格になったのは、高校時代、野球部のマネージャーをしてからですね。365日ほぼ休みなしで、炎天下でも雨の日でも部員と一緒に切磋琢磨した3年間だったので、ちょっとしたことではへこたれなくなりました。

スタッフの顔と名前、話した内容は
覚えておくのがモットー

マンパワーグループ 大迫知未さん/将来のことは誰にも分からないから、やみくもに悩まず“今”を頑張る!

編集部:28歳でリーダー職である主任になられたそうですね。お仕事に変化はありましたか?

わたしのチームには男女一人ずつメンバーがいるのですが、自分一人で仕事をするのと違って、後輩を育成するのって大変だなと実感しています。何か相談されたときに、「こうした方がいいよ」ときちんと伝えたつもりでも、間違った伝わり方をしていたり・・・。思ったことを伝えるのって難しいですね。最近は、後輩から相談を受けたら、その背景や、顧客の様子、その場の雰囲気などを詳細に聞くことで的確なアドバイスができるよう心掛けています。

編集部:営業という仕事はマニュアル通りにいかないことのほうが多いからこそ、後輩への指導の仕方も難しいですよね。ちなみに、大迫さんがお仕事をされる上で他にも意識していることはありますか?

わたしたちの仕事は、信頼関係がすべてだと思っています。身だしなみや言葉遣いなど自分自身の印象はもちろん、時間や約束を守る、何でも話しやすい雰囲気を作ることも常に心掛けています。特に派遣スタッフは、顔と名前はすべて暗記し、話したことは手帳やノートにメモしておくなどなるべく覚えておくようにしています。「冷房が直接あたって寒い」と話していたら、次に会ったときに「冷房の件、最近は大丈夫ですか?」などと声をかけるだけで、関係性は変わってくると思うんです。ちょっとしたことですけど、人と人の関係で成り立っているビジネスだからこそ、人との関わり方は強く意識していますね。

将来に不安になっても仕方ない
そのときがきたら、本気で考えればいい!

編集部:毎日忙しいと、食生活も乱れがちだと思うのですが、何か気を付けていることはありますか?

実家暮らしなので、朝晩、母の手料理をしっかり食べています。あと、美肌のためにビタミンCをたっぷり摂ろうと思い、寝る前にローズヒップティーを飲んでいますね。

編集部:仕事がハードな分、お休みの日はゆっくりされているのですか?

いえいえ、全然! 週末は早起きして愛犬の散歩をするのが日課です。それから必ずといっていいほど、どこかに出かけますね。むしろ、外に出ないとイライラしちゃうくらい(笑)。特に温泉が大好きで、先日は群馬の温泉に行ってきました。遠出できないときは近場のスーパー銭湯に行くことも。大好きな人とパーッと遊んでリフレッシュすることで、仕事もまた頑張ろうって思えるんです。

編集部:30代になると、結婚や出産などのプライベートのこと、仕事のことなど、いろいろと考えることも多いですよね。最後に、大迫さんの将来の夢や目標があれば教えてください。

そうですね。同世代の友人と飲みにいくと、決まって「いつ子どもを産むか」とか、「営業をずっと続けるか」という話になります(笑)。わたしも、せっかく女性に生まれたので、いつか結婚して子どもを産みたいと思っています。そしてできれば、子どもがいても今の仕事は続けたい、と。でも、将来どうなるかなんて分かりません。だからこそ、今は目の前の仕事を頑張って、結婚や出産については“そのとき”になってから考えようかなと。先のことを悩んだって仕方ないですから!


何事もポジティブに捉える大迫さんと話していると、聞いている方まで「なるようになるさ」と思えてくるから不思議だ。嫌なことがあったら、その場で必ず“心”もリセットするという大迫さんだからこそ、忙しい仕事をしながらも、ストレスを溜め込まず毎日生き生きと仕事ができているのだろう。

マンパワーグループ 大迫知未さん/将来のことは誰にも分からないから、やみくもに悩まず“今”を頑張る!
手帳と名刺入れは、大迫さんお気に入りのブランド「kate spade」で統一。見た目はシンプルなのに、裏地はポップでキュートなデザインに惹かれたそう。とくに手帳は4年前から愛用している
マンパワーグループ 大迫知未さん/将来のことは誰にも分からないから、やみくもに悩まず“今”を頑張る!
毎日外出するからこそ、UV対策に欠かせないのが日傘。GW明けから10月ごろまで必ず持ち歩いているそう。「晴雨兼用で、涼しげな色の傘を選びました。今年の夏も暑そうなので必携です」(大迫さん)

取材・文/岩井愛佳  撮影/赤松洋太

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「結婚したら自由にできるお金が減る」はウソ!? 既婚&未婚ワ...
共働きの既婚女性が「家計収入は増えたはずなのに、なんだかいつもお金が足りない!」と悩む理由とは? ファイナンシャルプラン...

DFSグループ 秋山麻美さん/海外で働く夢を諦めなかったから...
今回紹介するワーキングビューティは、世界14カ国に展開する免税店DFSギャラリアで、PRアシスタントをしている秋山麻美さ...

「結婚・出産後は辞めようと思っていた」――育児と仕事を両立す...
株式会社STRIDEの代表取締役社長 石田裕子さんと、クックパッド株式会社で編集長を務める草深由有子さん。幼い子供を抱え...

「子育て中だからこそ自己実現を追求してほしい」フローレンス・...
「誰もが子育てと仕事を両立できる社会の実現」をビジョンとして掲げる、認定NPO法人フローレンス。代表理事の駒崎弘樹さんに...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

憧れの上司と働く!女性管理職がいる会社

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

プライベートも充実!年間休日120日以上の求人

未経験でも安心!ノルマが厳しくない営業求人