28
MAY/2018

俳優・多和田秀弥が込めた強い役者魂――「『別の人が演じても同じ』と言われたら負け」【少年社中『MAPS』インタビュー】

タグ:

NO残業デーは劇場で“非日常”な体験を。
ふらり~女の夕べ

プレミアムフライデーに、NO残業デー。働き方改革が進み、プライベートタイムは増えたけど、一体その時間に何をする……? 会社を追われ、行き場をなくし街を彷徨うふらり~女たちへ、演劇コンシェルジュ横川良明がいま旬の演目をご紹介します。奥深き、演劇の世界に一歩足を踏み入れてみませんか?

横川良明
演劇ライター・演劇コンシェルジュ 横川良明
1983年生まれ。関西大学社会学部卒業。ダメ営業マンを経て、2011年、フリーライターに転身。取材対象は上場企業の会長からごく普通の会社員、小劇場の俳優にYouTuberまで多種多彩。年間観劇数はおよそ120本。『ゲキオシ!』編集長


新しい趣味を探したい。だけど、これと言ってやりたいものが見つからない。そんなふらり~女のみなさんにもっと演劇の面白さを知っていただくために、現在舞台を中心に活躍中の若手俳優にクローズアップ。彼らの言葉を通じて、観劇のきっかけをご提案します。

今回ご登場いただくのは、俳優の多和田秀弥さん。若手俳優の登竜門として名高いミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、その後、スーパー戦隊シリーズ『手裏剣戦隊ニンニンジャー』で個性的なヒーローを演じるなど活躍の場を広げ、数々の作品に出演。そんな多和田さんの最新出演舞台『MAPS』の魅力と共に、その仕事観を深掘りします。

多和田秀弥
多和田 秀弥(たわだ・ひでや)
1993年11月5日生まれ。大阪府出身。ミュージカル『テニスの王子』の手塚国光役で一躍注目を集める。その後もドラマ『手裏剣戦隊ニンニンジャー』のスターニンジャー役や、主演映画『ひだまりが聴こえる』など、映像・舞台を問わず活躍。近作に舞台『文豪ストレイドッグス』『GEM CLUBⅡ』など。7月からは舞台『「野球」 飛行機雲のホームラン ~ HOMERUN OF CONTRAIL』の出演も決まっている

同じ芝居は二度と観られない。だから何度観ても舞台は楽しいんです

185cmの長身と、恵まれた長い手足。男らしさと甘さの共存した顔立ちは、時にカッコよく、時に可愛く、舞台の上から光を放つ。俳優・多和田秀弥さんは大きな体躯と、それとは対照的な子犬感を振りまきながら、今、多くの女性たちの人気を集めている。

最新出演舞台は、結成20周年を迎えた人気劇団・少年社中の第34回公演『MAPS』。「幻の楽園」を目指す冒険家、江戸の商人・伊能忠敬、そして突然売れっ子になった漫画家という、時代も世界観も異なる3つの物語が同時進行しながら、ひとつのドラマを紡ぎ上げていくファンタジー作品だ。この中で多和田さんは船乗りを率いる冒険家の役を演じる。

「伊能忠敬だったり冒険家だったりイメージのかけ離れているものがどう絡んでいくんだろうって、台本を読みながら僕もすごく興味をそそられました。シーンが変わるごとに時代や空間も変わって、いろんな世界に行けるワクワク感がある。きっとお客さんも一緒に冒険をしているような感覚で物語を追っていけるんじゃないかなと思います」

少年社中の作品に出演するのはこれが初めて。客席で同劇団の舞台を観たことがあるという多和田さん。印象を語る声も、自然と軽やかになる。

「衣裳もセットもすごく豪華。でもその華やかなイメージに負けないくらい役者さんの魅力が前面に出ていて。主役だけでなく、その周りにいる人たちもみんな個性があって、どこを見ても楽しめるし、誰にでも感情移入できる。それぞれのキャラクターが物語に作用し合って、その相乗効果でどんどんお話自体が盛り上がっていくので、観ている方も自然と舞台の世界に惹きこまれていくんです」

多和田秀弥

楽園を目指して航海へ乗り出す冒険家。その表現も、映像にはない演劇ならではの面白さがつまっているのだそう。

「船のシーンなら、普通はセットで船が出てきて……というイメージが浮かぶと思うんですけど、今回はその船を役者が自分たちで表現するんです。使うのは、テトリスのようにいろんな形をしたブロック。それを自由自在に組み合わせて、船だったり、漫画家が使う机だったり、いろんなものを表現します」

演劇を見慣れない人からしたら最初は驚くかもしれない。だが、慣れていくうちに、次々と形を変えていくブロックに眠っていた想像力が呼び覚まされるはずだ。

「さっきは船だったものが今度は机になったり。子どもの頃に遊んだ積み木遊びを見ているような楽しさがあると思います。普通の舞台とはまた違う刺激を感じてもらえたら嬉しいですね」

多和田秀弥
自らも観客として劇場に足を運ぶことも多い多和田さん。演劇のどんなところに魅力を感じているのだろうか。

「舞台は、ひとつのお芝居を本番の数だけ何度も繰り返し演じます。もちろん演じる側はどの回でも同じクオリティあるいは常にそれ以上を目指し続けるんですけど、どうしたってまったく同じ芝居というのはできないんですね。ちょっとした台詞の言い回しだったり、表情だったり、回によって何かしら違いは出てくる。その日の天候やコンディション、お客さんの反応次第で、同じ芝居なのに微妙に違ったものになるのが生の醍醐味です。だからこそ、何度観ても飽きないし、毎回違う発見がある。同じものは二度と観られない。一度きりのところに演劇の魅力を感じます」

「また今度も」を望まれるために必要なのは、芯と自己分析

俳優という仕事は、常に評価との戦い。1本1本の作品が、自分の次のキャリアを切り開く。そんな真剣勝負の舞台裏で、多和田さんが自らのお芝居に込めた信念は、とてもシンプルで、本質的だ。

「僕たちのお仕事は、観る人を満足させないと意味がない。ただの自己満足の芝居をしても、観る人に認めてもらえなければ何も意味がないんです。だからこそ、終演後にお客さんに『またこの舞台を観たい』と思ってもらえることをひとつの目標にしています。『少年社中さんって面白いな』とか『この多和田秀弥って次はどんな舞台をやるんだろう』とすぐ調べてもらえるようなお芝居がしたいし、一緒に作品をつくるチームのみなさんにも『また多和田秀弥と仕事がしたい』と言ってもらえる存在でありたいんです」

だが、言うは易く行うは難し。競合ひしめく中、「また来たい」「また一緒に仕事がしたい」と選んでもらうことは、どんな職種でも簡単ではない。「また次も」を望まれる存在になるために、多和田さんが心がけていることを聞いてみた。

「俳優という仕事で言うなら、最初に演技プランを組み立てるとき、単にストーリーに沿って考えるだけじゃなく、『自分だったらこうする』という視点を忘れずに持つようにしています」

多和田秀弥

単に言われたことをやるだけの存在ならいくらでも代替可能。だからこそ、オリジナルの視点とアイデアで役にスパイスを効かせる。

「今回は稽古の中で変わっていったり、つくり上げていく部分が多いと感じたので本読みのときに敢えて『自分だったらこうする』という冒険家を見ていただいたんですね。そしたら演出の毛利(亘宏)さんが『なるほど、そっちね』と面白そうに頷いてくれて。『おかげでいいヒントがもらえた』とありがたい言葉をいただきました。そんなふうに演出家の方から言ってもらえると、自分のやったことが作品づくりのプラスになれたんだって嬉しくなる。つくり手の意図をくみ取ったり、周りの空気を読むことも大事だけど、『自分だったらこうする』という提示ができる芯を持って挑むことも、人から求められる存在になるためには欠かせないと思います」

もうひとつ大事にしているのは、振り返りの時間だ。

「僕たちの仕事はひとつの作品が終わったら、またすぐに次の現場に入る。だから切り替えはすごく大事です。でも、本番が終わったら終わりじゃなくて、そこで自分は何ができたのか、何ができなかったのか、しっかり振り返って考えることも忘れちゃいけない。だから、その時間はきちんととるようにしています。同じ経験をしていても、そうやって自分の頭で常に考えている人とそうじゃない人じゃ成長速度は絶対に違う。前回の反省を踏まえて次はどうするか目標を決めることで、必ず差は出てくる。それは階段ひとつの差かもしれないけど、自分がもっと大きくなるためにも絶対に怠っちゃいけないなって思うんです」

多和田秀弥

一番悔しいのは、「誰でもいい」と思われることだ。

「『別の人が演じても同じだよね』と思われたら自分の中では負け。今回も『多和田だからこの冒険家ができた』とお客さんにもカンパニーのみんなにも言ってもらえることが、ひとつの目標です」

働いている女性はみなさん素敵。僕たち男も負けていられません(笑)

多和田さんは現在24歳。今は仕事に夢中の毎日だ。同じように仕事を頑張る女性たちに対し、共に働く同志として敬意とポジティブな競争心を持っている。

「僕は仕事をする上で男性も女性も平等だと思っていますだから今、女性が働きやすい世の中に進みつつあって、すごくいいことだなと思っているんです。僕は男性だから女性の気持ちがわかるなんておこがましくてとても言えませんが、その中で女性が強く立って働いている姿を見ると素敵だなと思うし、刺激ももらえる。負けていられないなって気合いが入ります」

仕事は必ずしも楽しいことばかりではない。どんなに好きな仕事でも泣きたくなることはあるし、そもそも自分の好きな仕事を見つけられなくてモヤモヤするときだってある。その気持ちを汲み取った上で、多和田さんは応援してくれている人たちにこんなメッセージを贈る。

多和田秀弥

「楽しいこともあれば大変なこともあるのが仕事。その中で一生懸命働いて、もらったお給料や時間を、映画や舞台を観るために使ってくださる。それってすごいことだと思っていて。だって、そのお金で美味しい御飯だって食べられるわけじゃないですか。決して安い金額じゃない。大事なお金や時間を、自分が出ている舞台や映画のために使ってくださる方がいるということは、それだけですごく嬉しいし、いつも感謝しています」

だからこそ、多和田さんは思う。いろんな娯楽や選択がある中で集まってきてくれた人たちのために、多和田秀弥だからできるお芝居を見せたい、と。

「観に来てくださった人に、『多和田秀弥が出ている舞台を観て良かった』とこれからもずっと言い続けてもらえるように、お金と時間以上のものを返していきたい。どんなときもその気持ちだけは忘れずに持ち続けていきますので、これからもぜひ劇場に足を運んでください!」

多和田秀弥

屈託のない笑顔に込めた感謝の気持ち。多和田さんがたくさんの人から「また次も」を望まれるもうひとつの理由は、こんな姿勢にあるのかもしれない。

取材・文/横川良明  撮影/岩田えり

公演情報
少年社中20周年記念第二弾・第34回公演『MAPS』

多和田秀弥

■脚本・演出
毛利亘宏

■出演
井俣太良、大竹えり、岩田有民、堀池直毅、加藤良子、廿浦裕介、長谷川太郎、杉山未央、山川ありそ、内山智絵、竹内尚文、川本裕之 / 南圭介、多和田秀弥、山谷花純、小野健斗、伊勢大貴、柏木佑介 あづみれいか、中村誠治郎

■日程・会場
2018年5月31日(木)~6月12日(火)
東京都 紀伊國屋ホール

2018年6月22日(金)~24日(日)
大阪府 ABCホール

>>公式サイト

プレゼント情報

抽選で2名の方に多和田秀弥さんのサイン入りチェキをプレゼントします。

多和田秀弥
■応募方法
[1]Woman typeのTwitter公式アカウント(@womantype)をフォローしてください
[2] 「#多和田秀弥さんチェキプレゼント」のハッシュタグをつけて本記事をシェアしてください。

記事の感想を一緒に寄せていただけると嬉しいです!

■応募締め切り
6/13(水)12時00分まで

■当選発表方法
応募受付終了後、厳正なる抽選の上、当選者の方にはWoman type公式アカウントよりダイレクトメッセージをお送りいたします。送付後72時間以内にお返事がない場合は無効とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

■応募に関する注意事項
・転売は禁止させていただいております
・当選結果の発表は、ダイレクトメッセージにお送りします。応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります
・落選者へのご連絡はございません。ご了承ください
・プレゼントの発送は、日本国内にお住まいの方のみとさせていただきます
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください
・お客さまからお預かりした個人情報は、当キャンペーンの当選発表、プレゼントの発送のために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客さまの事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください

連載『ふらり~女の夕べ』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman-type.jp/wt/feature/category/furariijyoをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

俳優・宮崎秋人が語る演劇の魅力「あんなに感情をグチャグチャに...
新しい趣味を探したい。だけど、これと言ってやりたいものが見つからない。そんなふらり〜女のみなさんにもっと演劇の面白さを知...

俳優・松田凌が演劇を愛するのは「本気で『遊んでいる』大人たち...
新しい趣味を探したい。だけど、これと言ってやりたいものが見つからない。そんなふらり〜女のみなさんにもっと演劇の面白さを知...

【俳優・濱田岳】「流されていこう、自分の意志で」比較しない、...
各界のプロフェッショナルたちの“仕事へのこだわり”を明らかにしていく連載【プロフェッショナルのTheory】。今回は、常...

俳優・鈴木裕樹が舞台に心惹かれる理由――「ながら見」できない...
新しい趣味を探したい。だけど、これと言ってやりたいものが見つからない。そんなふらり〜女のみなさんにもっと演劇の面白さを知...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

単調な毎日を脱出!出会いが多い仕事

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

仕事と家庭を両立できる仕事