13
JAN/2016

「幸せでいるために、働き続けた女性」ムーミン研究家が教えるトーベ・ヤンソンの仕事哲学

タグ:

世界中で不動の人気を誇る文学作品、ムーミンシリーズ。子どもから大人まで、誰もが登場するキャラクターの愛らしさに魅了され、物語に散りばめられた作者のフィロソフィーに共感せずにはいられない。この、ムーミンシリーズの生みの親は、トーベ・ヤンソン(以下、トーベ)という女性だ。

彼女は、1914年にフィンランドの首都ヘルシンキで、彫刻家である父とグラフィックアーティストの母の間に生を受け、約70年もの年月を、余すことなく仕事にささげてきた人。一体何が、トーベをそこまで仕事に没頭させたのだろうか。そしてまた、世界中の人々を魅了する作品を生み出し続けることができたのは、なぜだったのだろうか。彼女が生まれ育った国フィンランドで、ムーミンとトーベの研究を行っている森下圭子さんにお話を伺った。

息を引き取るその時まで、トーベの筆は止まらなかった

トーベヤンソン
「芸術家の両親のもとに生まれたトーベは、幼少期からものをつくることや読書をすることが大好きな人でした」と森下さん。幼少期には、「外で遊ぶように」と言われたときも、自宅の中庭にあった大きなゴミ箱の上にちょこんと座り、本を読みふけっていたという。また、トーベの家庭は父の収入が安定していなかったため、母親が主な生計を立てていた。自宅で挿絵の仕事をする母親の膝の上に座り、母の仕事を眺め、自分も絵を描いたりしていたそうだ。人口が少ないフィンランドでは、女性も貴重な労働力であるという意識が強く、女性も仕事をするのが当然という環境だった。トーベ自身も、その空気の中で働く両親の姿を見ながら、当然のように芸術を仕事にしてきたのだ。

だが、トーベが芸術家・職業人として群を抜いているのは、そのキャリアの長さと仕事量だろう。幼いころからものづくりが好きで仕方なかったトーベは、15歳で本格的にイラストレーターとしてキャリアをスタート。画家であることを第一のアイデンティティーとしながらも、イラストレーター、風刺画家、児童文学作家、漫画家、絵本作家、作詞家、舞台美術家、商業デザイナー、そして小説家として、マルチな分野でその頭角を表し、86歳で命を引き取るその瞬間まで、およそ70年間、筆を止めることがなかったという。

「トーベは、気のおけない人と会う時間であれば、人と話をしながらでも手を動かし、何か書いたり仕事をしていました。夏休みといえば大自然に囲まれた質素な小屋で仕事を忘れてゆっくりと充電するのが一般的なフィンランドにあって、そんなときでも創作活動は絶対にやめなかったそうです。とにかく、ものづくりへの欲動が止まらない人でした」(森下さん)

それゆえ、トーベが残した作品の数は、とても“一人で行ったものとは思えない量の仕事”だと言われている。1950年代に入ってムーミンシリーズが世界的にヒットするようになると、トーベのもとには数多くの仕事が舞い込んできた。しかしながら、トーベはそのほとんどを断らなかったそうだ。「晩年になるまで、『断り方』を知らなかった人」と森下さんは表現している。

「自分の幸せが何か」を、知っているということ

一方で、ムーミンシリーズの世界的ヒットは、トーベ自身を心身ともに疲弊させることに。しかし、そんな中でも彼女はものづくりをやめなかった。森下さんは、70年ものキャリアを築いた彼女の職業人としての強さのひとつは「柔軟性」にあるのではないかと話す。

「トーベもそうなのですが、フィンランドの人って、職業にしがみつかないんです。今、自分は仕事に夢中になれているか。それによって、自分は今幸せな状態か。常にそういうことに意識的でいるというか。自分を幸せにする仕事ができていれば、職業は何でもいいんです。だから、トーベも、画家であり、作家であり、漫画家であり、商業デザイナーであり……、その時々の自分の状態に合わせてさまざまな形で表現方法を変え、職業を自由に横断してきました。もともと画家としてのアイデンティティーが強かったトーベは、色彩の世界をとても大切にしていた人。でも、戦争が影響し、色彩を失っていくような感覚に苦しみ抜いた時期がありました。でもトーベはペンを手に、物語を書きだしたのです。こうしてムーミンは生まれました。もし彼女が“画家である”ことや、“色彩の世界”に固執していたら、この世にムーミンは誕生しなかったかもしれません」

表現すること。ものをつくること。自分が幸せであるために必要な、“根源的な行為”をトーベは自覚していた。だからこそ、彼女は完全に折れてしまうことなく、生涯仕事を続けることができたのだろう。さらに、こんなにも世界中の人に愛される作品をトーベが作り続けてこられた理由について、森下さんは次にように分析する。

「彼女は、彼女自身のためにムーミンの物語を書いていて “特定の読者”を想定して描いていたわけではありませんでした。自分が楽しみ、そして誰かに媚びたりしない。そんなムーミンの世界は、結果として人々の共感を得るようになります。しかも世界中の人たちの支持を得て、今もなお読み継がれています。ただ、自分の描きたいものを素直に描いていたトーベでしたが、作品が世の中に出たら、作品は読者のものと考えていました。村の商店なんかで自分の本について話している人の言葉に耳を傾けたりしていたそうで、そんなバランス感覚も彼女の魅力ではないでしょうか」

自分の納得感があれば、人生の選択は自由でいい

「自分を幸せにするものが何かを自覚していること」の強さや、本当に自分がやりたいと思うことを誠実に続けていくことの偉大さ。私たちは、トーベの生き方から、自分たちの仕事人生にとって大切なことを数多く学ぶことができる。

「トーベに限らずフィンランドの人たちって、みんな自分のやりたいこととか自分はこれが好きっていうものを明確に持っているんです。世の中の“これがいい暮らし”というようなステレオタイプな幸せの価値観に自分を合わせる感じはなくって。そもそもそういう価値観を必要ともしていないというか……。実際に、自分の幸せをとことん追求してきたトーベは、世界中を旅することはあっても、物質的な豊かさを追い求めることはしませんでした。トーベのように“自分にはこれだ”というものがまだ見つからない人もいると思いますが、そういう時は、自分が今幸せかどうか、どうやったら幸せだと思えるのか、時々立ち止まっていみるといいのかもしれません」と森下さん。

トーベもしかり、フィンランドの人たちは、幸せを見つけることがとても上手なのだという。その心性は、ムーミンシリーズの中にもよく表れている。

「ムーミン一家はよく冒険に出かけます。ただ冒険譚のお約束のような戦いもなければ、宝物を見つけたり何かを獲得するわけでもない。とにかく、好奇心のままに出かけていくだけで、ヒーローが活躍する話じゃないんです。ただ、旅の途中で知らない生き物たちとの出会いがあったり、見たことのない世界を見たり、それ自体が最高に幸せっていうような物語なんですよね」

“小さな幸せ”を見つける力、そして、自分で自分を幸せにするための素直な行動力。トーベが大切にしていたこれらのエッセンスを取り入れることができれば、私たちのキャリアもよりしなやかに、納得感のあるものへと変えていくことができるのではないだろうか。

 森下圭子さん

森下圭子(もりした・けいこ)さん

1969年生まれ。ヘルシンキ在住。日本大学藝術学部卒業後、ヘルシンキ大学にて舞台芸術とフィンランドの戦後芸術を学ぶ。現地での通訳や取材コーディネート、翻訳などに携わりながら、ムーミンとトーベ・ヤンソンの研究を続けている。ムーミン公式サイトでコラムを執筆中
■月刊 森下圭子のフィンランドムーミン便り http://moomin.co.jp/category/blogs/finland

 『トーベ・ヤンソン 仕事、愛、ムーミン』(講談社)

『トーベ・ヤンソン 仕事、愛、ムーミン』(講談社)

ボエル・ウェスティン (著), 畑中 麻紀 (翻訳), 森下 圭子 (翻訳)/3,600円(税別)/ムーミンの作者、トーベ・ヤンソンの決定版評伝。ムーミン作品の背景と、「仕事と愛」をモットーに生き抜いたトーベの生涯を紹介する一冊
>>amazon

取材・文/栗原千明(編集部)

>>簡単1分!「いい仕事ミイつけよう診断」をやってみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

日本には男性への差別がある!? 北欧女子に聞く、日本の女性の...
日本での出来事や感じたことを、ブログ『北欧女子が見つけた日本の不思議』で紹介している、スウェーデン出身の漫画家オーサ・イ...

瀬戸朝香さん初のカンヌへ! 「自分の子どもに見せたい作品に出...
年々女性らしい柔らかさが増している女優の瀬戸朝香さん。2015年11月21日(土)より公開される『リトルプリンス 星の王...

“大切そうに見えるもの”のために、人生を犠牲にしてはいけない...
どうすれば不安と葛藤の毎日を変えることができるのか。一歩を踏み出せずにいる女性たちへ、『CRAZY WEDDING』代表...

「黒」を重たく見せないコツって? ウェス・アンダーソン製作の...
ロマンティックコメディ『マイ・ファニー・レディ』から、今期注目の、セクシーな大人の黒スタイルを学びましょう。

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

憧れの上司と働く!女性管理職がいる会社

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

プライベートも充実!年間休日120日以上の求人

未経験でも安心!ノルマが厳しくない営業求人