19
JUL/2013

半数の女性が一度は重病を疑った経験アリ! 自分の体調に不安を感じるとき

タグ:

半数の女性が一度は重病を疑った経験アリ! 自分の体調に不安を感じるとき

いよいよ夏本番。外は猛暑、室内はクーラーで極寒、と働く女性には辛い季節ですね。夏風邪は長引くといいますし、体調管理にも気を付けたいところですが、必死に働いていると自分の健康をおろそかにしがち。ちょっと調子が出ない日々が続いたりすると、「これって何か重大な病気なんじゃ!?」と、ふと不安になる瞬間ってあるものです。

そこで今回は、301人の女性に病気を疑った瞬間について聞いてみました。

半数の女性が一度は重病を疑った経験アリ! 自分の体調に不安を感じるとき

Q.1の「自身の体調不良から『重大な病気かも!?』と思ったことはありますか?」の質問には、約半数の人が「ある」と回答。忙しく働く女性にとって、このテの心配事は決して珍しくないようです。では、重大な病気を疑った人のうち、本当に病を患っていた人はどのくらいいるのでしょうか?

半数の女性が一度は重病を疑った経験アリ! 自分の体調に不安を感じるとき

Q.2のグラフを見ると、「NO」と答えた人が、8割以上に。多くの場合が、思い過ごしのようで一安心。とはいえ皆さん、どんな病気を疑ってしまったのでしょう?

半数の女性が一度は重病を疑った経験アリ! 自分の体調に不安を感じるとき

実際に病気ではなかったものの、多くの人が不調を感じたのは、ダントツで「婦人科系」でした。婦人科系の病の情報は、マスコミ報道やネット上でも目にする機会が多いもの。女性にとっては身近なテーマだけに、情報感度も高まり、「わたしもこの症状当てはまるかも・・・」と不安になりやすいのかもしれません。

ちなみに、病気を疑ったときどんな症状が出ていたのかも聞いてみました。

◆婦人科系の病
「いつもピッタリ周期通りの生理が遅れた」(25歳/接客・販売)
「鼻血がとまらなくなったり、子宮が痛くなったから。病院に行ったら、ストレスからのものでした」(24歳/接客サービス関連職)
「情報を聞いた時になんとなく。症状はなし」(27歳/一般事務)
「体の不調と心の不調を感じた時」(31歳/一般事務)
「実際は酷い便秘と重度の胃下垂だったのですが、子宮がんや卵巣嚢腫かと思った」(24歳/営業事務)

◆脳の疾患
「物忘れが激しくなった」(33歳/一般事務)
「首にしこりが一気に3個できた」(33歳/営業企画)

◆心臓病
「家族がなっていたから」(39歳/医療・介護・福祉関連職)
「動機、めまい」(36歳/事務・企画関連職)

◆がん
「原因不明な胃の痛み。突然の体の痛み、頭痛、吐き気。ほくろが、大きくなったかも?」(24歳/コールセンター、スーパーバイザー)
「生理前のバストの痛みが、単なるpms(月経前症候群)に思えなかったので」(29歳/営業事務)
「便秘」(36歳/一般事務)

◆何か特定はできないが不治の病
「体がきつくて仕事を1日やるのがつらかった時」(37歳/一般事務)
「ヒドイ疲れ」(30歳/一般事務)

◆その他
糖尿病、食道がん「症状というよりも、ストレスで甘い物ばかり大量に時間問わず食べ続けていたので」(28歳/一般事務)
結核か肺炎 「咳が1年近く続いた」(35歳/一般事務)
パニック障害 「いつも何か不安」(27歳/電機・電子・機械関連技術者)
HIV 「症状はありませんでしたがふと・・・」(32歳/営業)

ちょっとしたことから、「それは確かにモーレツに心配になる!」という症状まで、皆さんさまざまな異変を感じ取っていた様子。病は気からという言葉があるとおり、実際に検査して何でもないと分かると、元気になったりするものです。自分自身の変化に敏感でいることが、何よりの健康法になるのかも。

楽しい夏休みに備えて、日々、身体のメンテナンスを心掛けたいですね!

【アンケート調査概要】
●調査方法:転職サイト『女の転職@type』の20代~30代女性会員およびWebマガジン『Woman type』サイト読者へのWebアンケート
●調査期間:2013年4月26日~5月7日
●有効回答者数:301名

取材・文/鶴田友子(編集部)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

“アラサー3大疾病”を発表! 20代後半からリスクが高まる病...
産業医の石井りな先生にアラサー世代が特に気を付けるべき病気3つと、健康な体で30代を迎えて過ごすためのコツを教えていただ...

「8時間睡眠がベスト」は都市伝説!? 短い時間で快眠を得るた...
質の高い睡眠を取るためにはどのようなことに気を付ければいいのだろうか。日常の中でやってしまいがちな、快眠を妨げるNG行動...

「これからの時代、キャリアパスを悠長に考えている余裕はない」...
日本経団連初の女性役員である、外資系通信会社BTジャパンの代表取締役社長・吉田晴乃さん。30歳で海外に渡り、ハードな仕事...

「もしかして私、息臭い……?」食後の“毒出しうがい”で仕事合...
今回は、歯学博士・照山裕子先生に、働く女性にオススメの口臭予防の方法を教えてもらいました。

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

福利厚生が充実している会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

月給25万円以上の事務職求人