30
OCT/2018

デヴィ夫人が語る、輝く人生の条件「目標を持っていれば必ずチャンスは訪れる」

タグ:

「各世代で最も輝いている人、宝石の似合う人を表彰する賞」として29年の歴史を誇る『日本ジュエリーベストドレッサー賞』。歴代受賞者によるトークショーが2018年10月24~26日にパシフィコ横浜で開催された。26日のゲストは「デヴィ夫人」の愛称で知られる、元インドネシア大統領夫人のデヴィ・スカルノさん。

デヴィ夫人

デヴィさんが1962年にインドネシア国籍になった時、スカルノ元大統領がデヴィさんにつけた名前は「ラトナ・サリ・デヴィ(宝石の精のような女神)」。その名の通り、キラキラと輝く『ノブコイシカワ』のルビーとダイヤモンドのイヤリング、ネックレスを身に着けてトークショーに登場した。

デヴィ夫人
「自分を宝石で飾るということは、女性の本能です。『わぁ、綺麗! 素敵!』と思ったときの感動や、宝石を身に着けたときの喜び、人に褒められたときの誇り、嫉妬されることもうれしいですよね。宝石はお金には代えられない感動を与えてくれるものですから、一目見て素敵だと思ったものを選んでいただけたらと思います。宝石は女性にとっての勲章です。日頃の努力を報いてあげてください」

ジュエリーのように輝く人生を生きるには? そんな問いに、デヴィさん次のように答えた。

デヴィ夫人
「人は生まれ落ちた時から、生き抜かなければならないという業を背負っていると思います。以前、日本の子どもたちに『将来何になりたい?』と聞いたら、『分からない』というお返事でがっかりしたことがあるんです。皆さんには人生の目標や目的、使命感を必ず持っていただきたいと思っています。人には必ずチャンスが訪れるものですが、このチャンスに気付かない人がほとんどです。なぜなら、人生の目標を持っていないから。『こうなりたい』『こうありたい』というものを持っていただけるといいなと思います」

取材・文・撮影/天野夏海

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

リピーターの多いジュエリーショップで働くスタッフに学ぶ「人の...
深い信頼関係を築くためには、どうコミュニケーションを取るとよいのだろう? そのヒントを探るべく、リピーターが数多く訪れる...

アッシュ・ペー・フランス 小谷理絵さん/ジュエリー販売歴10...
今回紹介するワーキングビューティーは、表参道ヒルズにある『アッシュ・ペー・フランス ビジュー』で、ジュエリー販売を手掛け...

おしゃれNYマダムたちが登場! 大胆アクセで自分スタイルをつ...
映画『アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生』に登場するニューヨーカー女性は全員が60歳を超えています。大胆な...

「あなたの我慢は、誰も幸せにしない」北欧女子オーサが語るスウ...
なぜ、スウェーデン人々は「幸せ」を実感しながら生きられるのだろう。エッセイ漫画『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議』著...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

憧れの上司と働く!女性管理職がいる会社

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

プライベートも充実!年間休日120日以上の求人

未経験でも安心!ノルマが厳しくない営業求人