19
MAR/2021

コロナ前後で転職活動はどう変わった? 転職者一人あたりの求人応募社数が増加傾向【働く女性789名アンケート】

コロナ禍の転職活動どうだった?

アンケート実施期間/2020年12月10日~12月20日 有効回答数/789名 
調査方法/女の転職type会員に対してWEB上で調査


今回の調査でわかったこと


コロナ前よりも転職活動の期間・応募社数が増加傾向

今回は、コロナ禍における転職活動について、「転職活動期間」や「応募社数」の変化などを調査しました。

「転職活動期間」に関しては、2019年以前(コロナ前)に転職した人は「1~2カ月」(28.7%)が最多だったのに対して、20年(コロナ禍)に転職活動をした人のトップは「3~4カ月」(26.8%)となりました。

「応募社数」では、19年以前に転職した人の平均応募社数は11.8社、20年に転職した人の平均応募社数は23.6社で、10社以上も増えているとの結果に。コロナ禍においては、転職活動が難航しがちな傾向が読み取れました。

Q.1 どのくらいの期間、転職活動した?

どのくらいの期間、転職活動した?

まずは転職の活動期間について調査。

2019年以前(コロナ前)に転職をした人の場合は「1~2カ月」(28.7%)がトップ。一方で、2020年(コロナ禍)の転職経験者の場合、「3~4カ月」(26.8%)が最多との結果になりました。

コロナ前後で比較してみると、転職活動に要する期間がわずかに長期化している様子がうかがえます。

Q.2 何社くらい応募した?

応募社数

19年以前の転職者の応募社数は、半数以上が「1~4社」(51.7%)。平均すると11.8社でした。

しかし、20年の応募社数は「1~4社」(37.2%)、「10~19社」(16.9%)、「5~9社」(15.9%)とばらつきのある結果になりました。平均社数は、コロナ前の倍の23.6社です。

コロナ禍では「30社以上」に応募した人の割合も倍増していること、Q.1での天職活動が長期化していることから、転職に苦戦する人が一定数増えている傾向が見て取れました。

Q.3 理想の面接方法は?

理想の面接方法は?

オンラインでの実施も増えてきている面接ですが、「一次面接はオンライン、二次(最終)面接は対面を希望」(25.9%)、「一次面接も二次(最終)面接も対面を希望」(23.9%)を選択した女性が約半数。まだオンライン面接への不安感が残っている人も少なくないことがわかります。

一方で、全てオンラインで完結したい人も全体の21.2%を占めました。

Q.4 オンライン面接を希望する理由は?

オンライン面接を希望する理由は?

オンライン面接を希望する理由に関しては、「新型コロナウイルスの感染リスクがない」(48.1%)、「面接へ行く交通費がかからない」(48.1%)、「面接へ行く時間がかからない」(47.8%)が上位に並びました。

オンライン面接普及のきっかけとなった新型コロナウイルス感染症の他、費用削減や効率化といった理由が目立つ結果となっています。

>>データで知る「女性と仕事」を見る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あわせて読みたい記事

“いい辞め時”とはいつなのか。コロナ禍で「自分の会社が嫌い」...

“いい辞め時”とはいつなのか。コロナ禍で「自分の会社が嫌い」...
今の会社は嫌、でも具体的に転職や独立などの意思が固まっているわけではない」という女性たちえ。『普通の会社員がフリーランス...

「求人数が過去最大級に」2度目の緊急事態宣言下、“女性採用”...

「求人数が過去最大級に」2度目の緊急事態宣言下、“女性採用”...
人材紹介やコンサルティング事業を手掛ける株式会社morichの代表取締役・森本千賀子さんによると、今年1月に発出された2...

オンライン面接に潜む落とし穴とは? motoさんに聞くミスマ...

オンライン面接に潜む落とし穴とは? motoさんに聞くミスマ...
対面での面接と比べ、オンライン面接では職場の雰囲気が掴みづらい。いざ内定が出ても「本当に自分に合う会社なのだろうか」と、...

コロナ禍、転職できる? 経験者に聞く良い点・悪い点のリアル【...

コロナ禍、転職できる? 経験者に聞く良い点・悪い点のリアル【...
仕事は楽しい?何歳まで働き続けたい?など、働く女性に関するさまざまな情報を調査。今回は、コロナ禍の前・後の両方で転職活動...

あなたにオススメの記事