17
MAY/2021

コロナ禍に年収減の女性は4割以上。「お金の不安」高まるも仕事選びはやりがい・ワークライフバランス重視?

私と仕事のいい関係

長引くコロナ禍。飲食、娯楽施設、百貨店などの営業の自粛や、消費者ニーズの変化などが影響し、仕事や収入に変化が生じた女性は少なくないでしょう。

実際、『Woman type』が20~30代の働く女性を対象に実施したアンケート調査によると、4割以上の女性がコロナ禍に「年収が減った」と回答しています。

年収の増減
年収減への対策

また、コロナ禍によってお金に対する不安を感じるようになった人は8割を超え、年収減を経験した人の中には減少分を補うために対策を講じている人も約6割いることが分かりました。

では、年収減に対策を講じた人は、どんなことに取り組んだのでしょうか。

年収減への対策
※Q.3「はい」の人のみ回答。複数選択可、単位:件数

収入減への対策として最も多かったのは、「副業を始めた」という声。

本業でよりいっそう成果を出したり、昇進・昇格を目指そうとするよりも、「株・投資を始める」など収入源を増やし、副収入を得ようとする女性が数で上回る結果となりました。

さらに、「将来のお金」に不安があるかどうかを問うと、9割以上の女性が「不安がある」と回答。

金銭不安

ほとんどの人が、収入や貯蓄について悩みを抱えている様子が伺えます。

金銭不安
Q.5「ある」の人のみ回答。複数選択可、単位:件数

また、将来のお金に「不安がある」と回答した人の理由は、「貯金がない」「収入が少ない」などの選択肢に多く票が集まった他、「稼げる自信がない」「手に職がない」といった不安を挙げる人も少なくありません。

コロナ禍の年収減への対策で「株・投資を始めた」という回答も見られましたが、長期的にお金を稼ぐ・貯める・増やすことを効率的に行っていくための「知識が足りない」ことへの不安を感じている人たちもいるようです。

お金

また、「将来のお金の不安」を解消していくために大事だと思うことを聞くと、「副収入を得る」と回答した人が最多となりました。

金銭不安
複数選択可、単位:件数

国からの号令を受けて副業を解禁する企業が増えていることも追い風となり、本業以外の副収入に期待を込める女性たちが多いようです。

ここまでのアンケート結果で、働く女性の多くが「将来のお金」に対する不安を抱えている状況や、コロナ禍によってその不安がさらに増大している様子が見て取れました。

では、収入面への関心が高まる中で、女性たちの仕事・会社選びの視点にはどのような影響が出ているのでしょうか。

どちらの会社で働きたい?

先の質問で9割を超える女性たちが「将来のお金に不安がある」と回答していることを鑑みると、収入重視の職場選びをする人が多いかと思いきや、8割以上の女性が「収入は少なくても仕事にやりがいがある」会社で働きたいと回答。

今後もしも転職する場合、仕事・会社選びの条件について、「最も重視」したい項目を聞くと、次のような結果となりました。

会社選びの条件

最多の回答を集めたのは、「ワークライフバランス」。続いて、「職場の人間関係」「仕事内容」「仕事のやりがい」が上位にランクイン。

「給与」を最も重視したいと回答した女性は意外にも13.5%にとどまりました。

年収減への対策や、将来のお金の不安を解消するためにやってみたいことに「副業」と回答した女性が圧倒的に多かったことからも、本業には「副業ができるくらいのワークライフバランス」を求めたい人が多いのかもしれません。

仕事

本業は人間関係がよくストレスの少ない職場で、やりがいのある仕事に無理なく取り組みたい。足りない収入については、昇進・昇格よりも副収入で補いたいーー。

何かを犠牲にするのではなく、「トータルバランスを重視したい」働く女性の価値観が浮き彫りになった結果と言えるのではないでしょうか。

では今現在、こうした「自分らしい働き方」を実現できている女性はどれくらいいるのでしょうか?

自分らしく働けている?

「分からない」と回答した人、「はい」と回答した人が約4割ずつ。「いいえ」と回答した人が約2割となりました。

また、将来的に幸せに働き続けていくために大切だと思うことを問うと、「好きを仕事にする」という回答が最多という結果となりました。

幸せに自分らしく働くために大事なこと
単位:件数

続いて、「仕事で成長する」ことや、「良い人間関係」、「スキルを磨く」こと、時間・場所にとらわれない「自由な働き方」を叶えることなどを選択した人が同程度で並んでいます。

好きな仕事を、好きな人たちと、好きな場所で--。消極的選択ではなく、自分で主体的に選択することこそが、現代の女性たちが考える「幸せに働く」ための条件だと言えそうです。

>>自分で選ぶ、自分で叶える「仕事といい関係」を築くには?
Woman typeサイトオープン10周年記念特集の記事はこちらから


【アンケート調査概要】
●調査方法:20~39歳の女性へのWebアンケート(クラウドワークス)
●調査期間:2021年5月12日~14日
●有効回答者数:127名

文/栗原千明(編集部)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あわせて読みたい記事

りゅうちぇる&男性学・田中俊之先生と学ぶ「新時代のパートナー...

りゅうちぇる&男性学・田中俊之先生と学ぶ「新時代のパートナー...
2021年5月28日(金)、無料ウェビナー開催!仲良し夫婦タレントとしてもお馴染みのりゅうちぇるさんと、男性学を専門とす...

Webマガジン『Woman type』サイトオープン10周年...

Webマガジン『Woman type』サイトオープン10周年...
Webマガジン『Woman type』ではサイトオープン10周年を記念して、特集「私と仕事のいい関係。」を公開中。5月1...

コロナ不況で賞与が出ない? ボーナスカット、年収減に不安を感...

コロナ不況で賞与が出ない? ボーナスカット、年収減に不安を感...
コロナ不況で賞与カットや減額を決める会社は、業界・企業規模によらず増加傾向。賞与の支給を前提にライフプランを設計していた...

【高野麻里佳】「声優、辞めようか」悩みの時期を乗り越え辿り着...

【高野麻里佳】「声優、辞めようか」悩みの時期を乗り越え辿り着...
『デジモンアドベンチャー:』の太刀川ミミや、『ウマ娘 プリティーダービー』のサイレンススズカを演じ、2021年2月にはア...

あなたにオススメの記事