21
JUN/2012

朝ごはんよりメイクが大事!働くオンナは家を出る30分前に起きても化粧に手を抜かない

タグ:

朝ごはんよりメイクが大事!働くオンナは家を出る30分前に起きても化粧に手を抜かない【アンケート企画:働く女の本音白書 Vol.8】

出社前に朝食をとりながら勉強会や読書会に参加したり、ヨガのレッスンをしたりして自分を磨く“朝活”が流行っていますね。
でも、働く女性にとって朝の時間は、出かける準備をしたり家事をしたりと忙しいもの。ときには寝坊してしまうことだってあるかもしれません。
「今日は朝活するぞ!」という日はいつもより早起きするけど、普段の生活は……?
今回のテーマは「朝時間」。みんなのリアルな朝の過ごし方を聞いてみました。
上のグラフは20~30代の働く女性443人に聞いた「朝、家を出る何分前に起床しますか?」という質問の回答です。
もっとも多いのは「1時間前くらい」と妥当なところですが、次いで多かったのは「2時間以上前」で、約2割の人が回答しています。「30分前くらい」と回答した人はたったの6%しかおらず、意外とみんな早起きしていることが判明しました。

朝ごはんよりメイクが大事!働くオンナは家を出る30分前に起きても化粧に手を抜かない【アンケート企画:働く女の本音白書 Vol.8】

上のグラフは、「朝の身支度で一番時間をかけるものは?」という質問の結果です。一番上のグラフによると、全体でもっとも回答数が多かったのは「メイク」でした。次いで第2位が「食事」ということで、オトナの女性としては当然(?)の結果かもしれませんね。
次に、Q.1で「2時間以上前に起きる」と回答した人だけのグラフ(中央)を見ると、メイクに時間をかける人の割合が減って、「その他」の過ごし方をする人の割合が増えています。
「2時間以上前に起きる」と回答した人の中で、「その他」と答えた方に具体的に聞いてみました。

・TVやパソコン、スマホで情報収集。(26歳/営業)
・子供の支度。(34歳/一般事務)
・寝起きが悪いため、シャワーで体温を上げて目が覚めるまでが一番時間がかかる。(37歳/営業事務)
・新聞を読んだりするリラックスタイム。(28歳/営業事務)
・ストレッチしたり、植木の手入れをしたり何も考えずにゆったりする。(38歳/コールセンター、スーパーバイザー)
・二度寝 あるいは勉強。(30歳/その他事務・企画関連職)

結婚していたり、子どもがいる人は「自分以外にかける時間」として早起きする場合が多く、シングルの人は、自分磨きで勉強するかのんびりリラックスするかの2パターンに分かれるようです。
逆に、「30分前くらいに起きる」と答えた人のグラフ(下)では朝時間に「その他」のことをして過ごす人は0人でした。その代わりに、一気に割合が増えたのが「メイク」の回答者。実に半数以上の人が朝、「何よりもメイクが優先」と考えているようです。
30分間のうちどのくらいメイクに時間をかけているかはアンケートからはわかりませんが、仮にメイク時間が15分だとすると、残り15分で着替えてヘアスタイルをセットしているうちに「あ、行かなきゃ」なんて人も多そうですね……。

健康のためには、ぜひ朝ごはんかしっかり食べたいもの。2時間以上前に起きる方の中には、「朝のうちに朝食、昼食(弁当)、夕食の3食分を作る」というツワモノもいらっしゃいました!
本当はもう少し余裕をもって過ごしたい、なんて思ってはいても実際に行動するのは難しいですよね。
まずは、「朝どんなことができたらステキな一日が送れるか」イメージトレーニングしてみることから始めてみては?
いつもより10分早く起きるだけで何か新発見があるかもしれませんよ。

【アンケート調査概要】
●調査方法:
転職サイト『女の転職@type』の20代~30代女性会員およびWebマガジン『Woman type』サイト読者へのWebアンケート
●調査期間:2012年5月31日~6月6日
●有効回答者数:443名

取材・文/根本愛美(編集部)

連載『働く女の本音白書』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman-type.jp/wt/feature/category/honneをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「働きやすい環境」と「やりがい」は両立する? ライフステージ...
やりがいのある職場で長く働き続けたい。でも、出産や子育てでハードな働き方はできない……。女性は特に、キャリアとライフイベ...

「8時間睡眠がベスト」は都市伝説!? 短い時間で快眠を得るた...
質の高い睡眠を取るためにはどのようなことに気を付ければいいのだろうか。日常の中でやってしまいがちな、快眠を妨げるNG行動...

「そのプリン○カロリーだよ」 思わずイラッとした職場の人の“...
職場の同僚や上司の何気ない一言に思わず「ほっといてくれ!」とつっこみたくなることってありませんか? 上司や同僚の言動・行...

「ダメな上司」の烙印を押されて自己変革を決意!――女性管理職...
今回紹介するワーキングビューティーは、株式会社ビルコムの早川くららさん。企業のPRやマーケティング事業を手掛ける同社で、...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

福利厚生が充実している会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

月給25万円以上の事務職求人