04
NOV/2015

「人種への先入観をなくしていきたい」イギリスを拠点に活動する女優・森尚子さんの目標

タグ:

森尚子
森尚子(もり・なおこ)
愛知県出身。4歳で渡米、10歳で帰国後、12歳でロンドンに移住。両親の帰国後も女優を目指し、14歳で単身ロンドンに滞在。17歳のときミュージカル『ミス・サイゴン』でプロデビュー。主役に抜擢される。以後、映画やテレビシリーズなど、多数の作品に出演。ロンドンを拠点に、映画やテレビ、舞台はもちろん、司会者、ナレーター、声優としても活躍中

登場人物の“story”を理解したい

ヒマラヤ山脈の世界最高峰、エベレスト。1996年の春、標高8848メートルの山頂を目指す登頂ツアーに参加すべく世界各国から集まった登山家の中にただ一人、女性登山家がいた。実話をもとにした映画『エベレスト3D』で、その難波康子さんの役を演じたのが、女優・森尚子さんだ。

森さんは、12歳のときに父親の仕事の関係でロンドンへ。歌や演劇の面白さに目覚め、イギリスで役者になることを決意した彼女は、家族が帰国した後もロンドンに留まり、14歳から一人暮らしを始めた。現在は念願の役者として、イギリスを拠点に活動している。

役者の仕事は「登場人物の言動の背景にあるものを考え、理解していく過程が最も面白い」と森さんは話す。

「幼いころから引っ越しをするたびに、人間観察をしていました。相手と自分の共通点や違いを見つけ、その理由を考えることが好きだったんです。人には歴史があると言いますが、Historyという言葉は、His storyとも読めますよね。私は、そのstoryを理解したいという興味が人一倍強いのだと思います」

本物の登山家と同じ困難を味わって見えたこと

森尚子
本作の撮影について「これ以上チャレンジングな仕事はなかった」と語る森さん。ネパールで2週間半、イタリア、アルプスで6週間、マイナス30度近い中で行われた撮影は過酷を極めた。森さんは「登山家が直面する困難と、ほとんど同じ経験を味わうことだった」と振り返る。

「標高4000m台まで行きました。自分の荷物を背負って何時間も歩き、撮影が終わったら、また数キロ先の現場まで歩く。最初は、紅一点だから女性らしくしなくっちゃ、なんて思っていたのですが、そんな余裕はすぐに吹き飛びました。トイレもないし、メイクも意味がない。乾燥と低温の中、肌質も変わってしまいました(笑)」

高地で低酸素状態の中で眠り、呼吸ができなくなって飛び起きたり、雪崩でセットが埋もれてしまったりしたこともあったという。

「エベレスト登頂ツアーの中に、女性は難波康子さん1人だけ。ツアーに参加するには700万円ものお金が必要で、しかも20年前の話ですから、登頂は今よりももっと困難だったはずです。そんなたくましい女性登山家のことを理解し、多くの人に伝えたい。山で生活をする中で、改めてその思いは強くなりました」

森さんは撮影を通じて、改めて登山家の意志の強さや、人を引き付けて離さない、マグネットのような山の魅力に気付いていった。こうした偽りのない経験が、この映画に恐ろしいほどのリアルさを与えている。

連載『Another Action Starter』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman-type.jp/wt/feature/category/anotheractionをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

“大切そうに見えるもの”のために、人生を犠牲にしてはいけない...
どうすれば不安と葛藤の毎日を変えることができるのか。一歩を踏み出せずにいる女性たちへ、『CRAZY WEDDING』代表...

「フランスでは、結婚・出産でキャリアを中断する女性はいない」...
"2013年から日本でのサービスをスタートした『My Little Box(マイ・リトル・ボックス)』の創立者であるファ...

瀬戸朝香さん初のカンヌへ! 「自分の子どもに見せたい作品に出...
年々女性らしい柔らかさが増している女優の瀬戸朝香さん。2015年11月21日(土)より公開される『リトルプリンス 星の王...

「女子力を磨くより、稼ぐ力を身に付けなさい!」上野千鶴子さん...
男女雇用機会均等法の成立から、もうすぐ30年。企業や社会の中で活躍する女性は増えたように思える一方、厳しい側面も少なくな...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

単調な毎日を脱出!出会いが多い仕事

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

仕事と家庭を両立できる仕事