16
JUL/2015

菊池亜希子さんインタビュー「こだわりを手放せばもっと面白いものが生まれる」

タグ:

菊池亜希子
菊池亜希子(きくち・あきこ)
1982年生まれ、岐阜県出身。千葉大学工学部都市環境システム学科卒業。多くの女性誌でモデルとして活躍する一方、その独特の存在感で女優としても注目される。初主演は、2010年の映画『森崎書店の日々』。著書は、イラストとエッセーを手掛ける『みちくさ』シリーズや、自ら編集長を務め、累計32万部を超えるヒットシリーズとしてオシャレ好きの男女から支持を集める『菊池亜希子ムックマッシュ』シリーズなど

この映画にはどこか懐かしい人たちがいる

生まれ故郷は地方の田舎、進学や就職を機に東京や大阪などの都会に出てきて……。7月18日公開の映画『海のふた』は、そんなバックグラウンドを持つ女性ならグッと心を掴まれるに違いない作品だ。

原作は、2003年11月から2004年5月まで読売新聞で連載されていたよしもとばななの小説。かつては観光地として栄えていた西伊豆の海辺を舞台に、主人公の「まり」と、一回りほど年下の女性「はじめ」のひと夏の交流を描いている。この2人の関係に、まり役を務めた菊池亜希子さんは「懐かしさを覚えた」と振り返る。

「私は身長が高いので、学生時代の女友達が私の二の腕のあたりを後ろから掴んできて、甘えてくるんですよ(笑)。『ちょっと、ぶら下がらないでよ』とか言いながら彼女たちの前を歩く役回りだったのですが、実は彼女たちに後ろから支えてもらっていたんだなと思う瞬間があって、そんな実際の女友達とのアンバランスな関係を思い出しました」

菊池さんは、同じような懐かしい感覚を、まりの幼なじみである「オサム」にも感じたという。

「田舎出身で故郷から出て暮らしている女性にとっては、誰かしらオサムのような存在が思い当たるのではないかなと思います。ことごとく正しいことを言ってきて、現実を一番シビアに受け止めている。彼の存在があったから、まりはギリギリのところで地に足をつけていられるんだと思うんです」

そんな3人が西伊豆の田舎で交錯し、やがてそれぞれの場所へと動き出していく。菊池さんは今回の作品について、「いい大人なのにギリギリ思春期のような3人による、甘酸っぱいというよりは、少ししょっぱいシーンがたくさんある映画」だと語る。

新たな挑戦となった、「役作りをしない」ということ

菊池亜希子
東京から生まれ故郷に戻り、海辺の町でかき氷屋を開こうとする主人公のまり。演じながら菊池さんは、「まりの生き方が他人事に思えなかった」と話す。

「私自身、岐阜から上京してきてもう15年になりますが、故郷を思う気持ちは全く変わりません。例えば、渋谷のスクランブル交差点の真ん中で夕焼けがきれいに見えたときに、ふと実家のことを思い出して立ち止まってしまったり。故郷を出てからの暮らしの方が長いぐらいなのに、今でも故郷に振り戻される瞬間があるんですよね。まりは、一度都会に出たけど故郷に帰ったり、『昔は良かった』と思い出を美化し過ぎてしまったりするのですが、その内面的な部分は私と共通するものがあると感じました」

通常は台本を手にした時点で、与えられた役柄と自分との共通点を引っ張り出し膨らませてゆきながら、リアリティのある役作りを綿密に行うという菊池さん。けれど今回は、役作りが通用する作品ではないと直感したという。

「西伊豆という場所で、ひと夏という時間の中で湧き上がる感情は、あらかじめイメージできるものではないと思ったんです。その場で演じるしかない、共演者にぶつかるしかないというのは、私にとって新たな挑戦でした」

その場その場でぶつかっていく中で、一つのシーンが終わった途端に脱力感に襲われたこともあった。まりはこういう心理状態になるんだなということを、菊池さん自身が一つ一つ噛みしめ、感じながら演じた作品だ。

そして映画の見所の一つとなっているのが、頑固だったまりが自分のこだわりを手放し、成長していく姿。そんなまりの姿は、菊池さんにとっても身につまされるものだったという。

(次ページへ続く)

連載『Another Action Starter』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman-type.jp/wt/feature/category/anotheractionをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

瀬戸朝香さん初のカンヌへ! 「自分の子どもに見せたい作品に出...
年々女性らしい柔らかさが増している女優の瀬戸朝香さん。2015年11月21日(土)より公開される『リトルプリンス 星の王...

「人種への先入観をなくしていきたい」イギリスを拠点に活動する...
実話をもとにした映画『エベレスト3D』で、女性登山家・難波康子さんの役を演じた森尚子さん。本作の撮影について「これ以上チ...

「“華原朋美”に愛を注いでいきたい」過去に向き合うことでたど...
約9年ぶり、芸能活動再開後初のリリースとなるオリジナルシングル『はじまりのうたが聴こえる』をリリースした華原朋美さん。小...

榮倉奈々さんインタビュー「『映画の世界を壊したくない』その一...
『図書館戦争 THE LAST MISSION』でヒロイン・笠原郁を演じる榮倉奈々さんにインタビュー! 続編である近作で...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

単調な毎日を脱出!出会いが多い仕事

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

仕事と家庭を両立できる仕事