24
JUN/2015

どんなに暑くてもジャケット着用は必須!? 夏の日の訪問着マナー

タグ:

美月あきこ
マナーのプロが華麗に回答
もう迷わない!働くオンナのビジネスマナー

挨拶、言葉遣い、身だしなみ、所作――。もう新人ではないという人の中にも、「あれ!? こんな時どうすればいいんだっけ」とビジネスマナーで急に困った経験があるという人は多いのでは? そこで、マナーのプロ・美月あきこさんが皆さんの悩みにキッパリ華麗に回答していきます。

人財育成トレーナー、ビジネスマナー講師
美月あきこ
大学卒業後、日系および外資系航空会社にて国際線客室乗務員として17年間勤務。その後、人財育成トレーナーとして、接遇サービス、対人コミュニケーションについての講演・研修を企業や団体にて行う。客室乗務員時代に身につけたファーストクラス仕様のサービスを元にした、ユニー クな研修手法が好評を博す。すぐに効果の上がる「売れる営業マン・販売員」研修は全国からオファーが絶えず、年間180回以上の研修と講演を行う。著書に、ベストセラーとなった『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』(祥伝社)。シリーズ最新刊は、『15秒で口説く エレベーターピッチの達人』(祥伝社)
■FB:https://www.facebook.com/Akiko.Mizuki ■ブログ:http://ameblo.jp/lucille/
どんなに暑くてもジャケット着用は必須!? 夏の日の訪問着マナー

今回の質問

夏の外回りは暑くて汗だくに。客先に入る時は必ずジャケットを羽織らないとだめですか? また、先方から「上着は脱いでくださいね」と言われたとき、本当に脱いでいいのでしょうか。いつも迷ってしまいます。(25歳/営業)

プロの回答

クールビズの流れもありますが、営業職の方の中には外出時にジャケットを着用される方も多いですよね。「こんなに暑いのになぜジャケットを着なければならないんだろう」と思う方も少なくないはずです。ですが、お客さま先に訪問する際は、ぜひジャケットを羽織ってほしいと思います。

なぜなら、「相手を敬う姿勢」を一目で示すことができるから。これに尽きます。訪問の際には、「訪問する側=下、訪問される側=上」という暗黙のルールがあるものです。ジャケットの着用は、そうしたルールをわきまえていること、あなた自身が常識的な人であるということを示します。そして、あなたが営業担当であるならば、なおさらこの構図に従うべきだと言えるでしょう。

とはいえ、汗をかいている状態では、相手に余計な気を使わせてしまいます。移動時はジャケットを脱いでおくようにする、予定時間より早めに到着して汗をひかせるなどの対策を取っておきたいところですね。

また、商談中に「ジャケットを脱いでくださいね」と言われたときですが、ジャケットはやはり羽織ったままの方が良いと思います。「訪問する側=下、訪問される側=上」という姿勢を崩さず、最後まで誠意を示しましょう。「ジャケットは脱いでくださいね」という声掛けは、相手の配慮。そもそも、自分の顧客に余計な気を使わせることがないように、涼やかな顔で臨むのがマストです!

取材・文/栗原 千明(編集部)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

忘年会であいさつを頼まれたら? 新入社員が抑えておくべきシン...
働く女性たちのビジネスマナーに関するお悩みに、マナー講師・美月あきこさんがきっぱりお答えしていきます。今回は、新入社員必...

客先でお茶を飲むタイミングって? 大人の女性が知っておくべき...
働く女性たちのビジネスマナーに関するお悩みに、マナー講師・美月あきこさんがきっぱりお答えしていきます。今回は、もてなされ...

意外と知らない足元マナー「パンツスーツでもストッキングは履か...
働く女性たちのビジネスマナーに関するお悩みに、マナー講師・美月あきこさんがきっぱりお答えしていきます。今回は、足元の装い...

転職初日に注意すべきビジネスマナー「手土産は絶対に必要なもの...
働く女性たちのビジネスマナーに関するお悩みに、マナー講師・美月あきこさんがきっぱりお答えしていきます。今回は、転職初日の...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

憧れの上司と働く!女性管理職がいる会社

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

プライベートも充実!年間休日120日以上の求人

未経験でも安心!ノルマが厳しくない営業求人