22 FEB/2022

【驚愕】オンライン面接で珍事件。転職者が暴露する人事・採用担当のあり得ない行動

オンライン面接

リモートワークやオンラインコミュニケーションが普及し、中途採用の面接も会社に直接足を運ぶ対面型から、ZoomやGoogle Meet、Microsoft Teamsといったツールを用いたオンライン型にシフトする会社が増えています。

しかし、時にはオンライン面接ゆえのトラブルや、うっかりミスを人事・採用担当が犯してしまうことも!?

もしもオンライン面接の場で「あり得ない」と思うような対応をされた時には、どうすればいいのでしょうか? 20~30代の働く女性100人に、過去のオンライン面接体験について聞いてみました。

Q.1 あなたはこれまでに、オンライン面接を受けたことがありますか?

オンライン面接

20~30代の働く女性のうち、オンライン面接を受けたことが「ある」と回答したのは44%。

わずかに「ない」(56%)が上回るものの、約半数の女性が過去にオンライン面接を経験していることが分かりました。採用面接のオンライン化が進んでいる様子が伺えます。

Q.2 オンライン面接で、人事・採用担当の行動に「ありえない」と思ったことはありますか?

オンライン面接

オンライン面接を受けたことがある女性のうち、4割を超える人が人事や採用担当者に対して「ありえない」と感じた経験があることが判明。

オンライン面接ならではの「ありえない」体験談も聞かせてもらいました。

オンラインなら遅刻・すっぽかしもOK?

・約束の時間を過ぎても採用担当が現れず、面接に必要なイヤホンを忘れたなど、開始が5分ほど遅れました。こちらのシステムに異常があるのかも分からなかったので、非常に不安でした(29歳/医療事務)

・約束の時間を守ってくれず、そのまま音信不通になりました(25歳/エンジニア)

ツールの使い方、大丈夫?

・オンライン会議のツールを使いこなせていなくて、もたついたため、開始時間が遅れました(36歳/一般事務)

・約束の時間になったので待機していたら、他の人の面接中に許可されて、別の候補者の面接に入り込むようなかたちになってしまった(34歳/一般事務)

音声、画角にご注意を

・面接官が電車のホームのような喧騒の中から面接をしてきた(23歳/営業)

・恐らくカメラに映っていないと思っていたのか、こちらが話してる間、ひざのあたりでペン回しをしていた(29歳/総合事務)

・面接中にも関わらず後ろから笑い声がずっと聞こえてくるし、音は途切れるしで面接する気あるのか? と疑問に思った(28歳/医療事務)

こっちを見てください

・画面が暗く、表情が分かりづらかった(28歳/営業)

・目を見て話さない=画面を見て話さない。コミュニケーションもうまく取れず、何を言っているかもよく分かりませんでした。(36歳/IT・Web関連職)

それ、絶対NGですよ

・こちらの部屋の雰囲気を聞いてきました(23歳/看護師)

・音声が切れておらず、つながったままの状態で「あーハズレだ。ブスかよ」と言っているのが聞こえてきた(33歳/一般事務)

多く見られたのは「開始時間に遅れてくる」という遅刻系や、「後ろがうるさい」といった相手の環境面に関するエピソードでした。

また、中にはミュートを忘れた人事の悪口が聞こえてきてしまうという、オンライン面接ならではのエピソードも……。怒りが込み上げてきそうなシチュエーションです。

では、オンライン面接で「あり得ない」経験をした時に、転職者の女性たちはどのような対応をとったのでしょうか?

オンライン面接
然るべき対応をさせてもらいます

・人事・採用担当が常識のない行動をすることが微妙だと感じ、入社を断った(28歳/営業)

・転職サイトを運営する企業に、面接の場で起こった出来事を報告しました(25歳/エンジニア)

あくまでも大人な態度で

・こちらは静かな環境を整えて臨んでいるのにと憤りながらも、それを隠して笑顔で対応しました。聞き取れないところは丁寧な言葉遣いで聞き返しました(23歳/営業)

・何事もなく笑顔でスルー。採用担当の後ろから笑い声が聞こえていても、何も聞こえていないていでやり過ごした(28歳/医療事務)

主に挙げられたのは「内定を辞退する」「こちらは冷静に対処する」の2パターン。不信感を持った企業に入社するリスクは、できることなら避けたいところですね。

また、「採用担当が、自分の部屋の雰囲気を聞いてきた」と回答した女性は「自分の部屋ではなく、職場の空き部屋を借りているととっさに答えた(23歳/看護師)」とのこと。

まだまだ採用シーンで取り入れるようになって間もないオンライン面接。企業・転職者の双方が不慣れのために、意図しないトラブルが起こることもあるかもしれません。

しかし、通信不良や操作ミスといったやむを得ない事態と、常識的に考えて「あり得ない」トラブルとでは別問題。

つい面接=選考される場と考えてしまいがちな採用面接ですが、転職者にも企業を選ぶ権利はあります。もしも「あり得ない」と思う人事・採用担当に出会ったら、本当にその企業に入社すべきか、考え直す機会にしてみてくださいね。

オンラインコミュニケーションのコツやノウハウをご紹介

面接のみならず、あらゆるビジネスシーンにおいてオンラインコミュニケーションが定着していくことが予想されます。

Woman typeでは、オンライン面接や商談のノウハウ・コツや、画面上での映り方を意識したメイクテクニックに関するコンテンツを多数掲載中。ぜひ今後の転職活動や、業務の参考にしてくださいね。

【オンライン面接に潜む落とし穴とは? motoさんに聞くミスマッチ転職を防ぐコツ】

オンライン面接

職場の雰囲気や人間関係の良好さを重視する人にとって、オンライン面接だけだと不安、と考えている方もいるのでは?

対面での面接と比べ、オンライン面接では職場の雰囲気が掴みづらいのは事実です。では、これからの転職活動ではどんなことに注意すれば後悔のない選択ができるのでしょうか。

ブログ『転職アンテナ』を運営し、これまで多くの転職相談に乗ってきたmotoさんに、オンライン化された転職活動に潜む“落とし穴”と、その回避方法を聞いてみました。

>>記事はこちら

【オンラインでも映えるメイクレッスン!プロが教えるWeb面接、マスクメイク対策【女の転職type×花王コラボイベント】開催レポート】

オンライン・マスクメイク

オンラインコミュニケーションや、マスク着用の出社が当たり前になった今、「画面越しでも印象良く映るには?」「マスクのときは、メイクを変えるべき?」といった美容の悩みが絶えません。

そんな女性たちの悩みに応えるべく、『女の転職type』が花王株式会社との共催オンラインイベントを開催! Web面接時・マスクのときのおすすめメイクを、実演を交えながら解説しました。

>>記事はこちら

【オンライン商談でクライアントと信頼関係を築くには? 営業女性の悩みにコミュニケーションのプロが回答】

オンライン商談

「営業の仕事をしていますが、コロナショック以降、オンラインでの商談や打ち合わせが増えています。対面だと何となくできていたような信頼関係の構築が、難しく感じています」

営業職の女性が抱えるそんなお悩みに、コミュニケーション関連の研修やコンサルティングを手掛ける「コミュニケーションのプロ」が回答! オンラインコミュニケーションに苦手意識を感じてしまったときの対処法を伝授します。

>>記事はこちら


【アンケート調査概要】
●調査方法:20~39歳の女性へのWebアンケート(クラウドワークスにて)
●調査期間:2021年12月17日~2021年12月20日
●有効回答者数:100名

文/秋元祐香里 編集/栗原千明(ともに編集部)