05 JAN/2017

「自分にしかできない仕事がしたい!」出産を機に脱サラしたNY働くママの話 【連載:ミサコ・ロックス 「NY女のここがすごい!」働く女性、最先端】

ミサコ・ロックス
全米唯一の日本人漫画家ミサコ・ロックスが現地からレポート!
NY女のここがすごい! 働く女性、最先端

全米唯一の日本人漫画家、NY在住のミサコ・ロックスがNYの働く女性のシゴト&生活事情を描きます。スピーディーに変わっていくNYの街でタフにサバイブしていくNY女の生き方や考え方は、私たちにしなやかに働き続ける知恵と、勇気を与えてくれます

コミックアーティスト
ミサコ・ロックス
NY在住。大学卒業後、単身でアメリカに渡り30歳で漫画家デビュー。自身の初恋・留学体験を綴った『Rock and Roll Love』がNY公立図書館ベスト・ティーンズ・ブックの1冊に選ばれる。その後、英国漫画誌に連載されていた 『Peach de Punch!』がアジア向けの英語教科書に採用。著書『もうガイジンにしました』、『理由とか目的とか何だっていいじゃん! チャレンジしなくちゃ後悔もできない』(共にディスカヴァー・トゥエンティワン)発売中!
@misakorocks:Instagram, twitter, facebook
www.misakorocks.com

Woman type読者の皆さん、こんにちは!
NY在住のマンガ家ミサコロックスです。

今回は、前編に引き続き、NYのワーキングマザー、ケリー先生が妊娠・出産を機に下した大きな決断についてご紹介します。

Misako

NYでは、女性も男性も「夢の実現」のために転職したり、独立したりするのは当たり前。ケリー先生もそうでしたが、退職の際に、ぐずぐずと引き止められてしまうようなことはあまりありません。

実際のところ、NYには至る所に「チャンス」が転がっています。そのチャンスを掴むために世界中から人が集まってくるのがNYという場所。ハングリー精神が無いと到底やっていけません。上昇志向が強い女性が多いのも、こういった環境が影響しているんでしょうね!

一方、日本では出産したり、年齢を重ねると、何となく安定志向になってしまって、人生を守りに入ってしまう女性が少なくない印象です。でも、いつも夢や目標に向って全力投球しているNYの女性たちを見ていると、世間の目を気にして自分のリミットを決めてしまうのはとてももったいない事だと感じます! 自分は「安定」を選んだつもりでも、世の中がめまぐるしく変化していく将来のことを考えると、何も保証はありませんしね。

だったら、せっかくの1度きりの人生。
やってみたいことを見つけて、仕事に趣味に、100%力を注いだ方がいい!
既に夢や目標があるなら、「いつかは……」なんて言って大人しくタイミングを待っているだけじゃダメ!

新年を機に、何かアクションを起こしてみるといいですね!

ライフステージが変わっても、やりたいことに向ってチャレンジを続けるNYの女性たちは、皆イキイキしているし、前向きなパワーで溢れています。少しでも、この漫画で日本の皆さんに刺激を届けられたらうれしいです。