スマートフォン版表示に切り替える

ブランクがある場合の自己PR書き方

ブランクがある場合の自己PR文を書く際のポイント・注意点について解説します。例文を参考に、書き方の基本を押さえてあなたの魅力をしっかりPRしましょう!

ブランクがある場合の自己PRポイント

point1前職でどのような業務に携わっていたかを明確に伝えましょう

point2ブランク期間に努力していたことをアピールしましょう

point3即戦力として活かせるスキルや経験をアピールしましょう

前職からブランクがある場合、ブランク期間にどんなことをしていたかの伝え方が重要です。社会人として復帰した後、すぐに仕事を覚えて即戦力になれるかどうかを企業は見ています。だからこそ、前職での経験や実績はもちろん、前職を辞めてからの期間どのようにスキルを保っていたかを記載すると良いでしょう。例えば、資格の取得や、書籍を使った勉強などを記載することで、ブランクがあっても、入社後すぐに自走できる能力があることをアピールできます。

ブランクがある場合の自己PR書き方・例文

前職ではホテルのフロントで、主に、予約などの各種手続き、会計、案内などを行っておりました。
外資系のホテルだったため、海外からのお客様も多く、英語のスキルは必須の職場でした。外国語大学で身に付けた語学力に加え、より高い語学力が必要とされるため、英語スクールに通いました。その結果、お客様からの英語でのお問い合わせにもスムーズに答えられるようになり、英語での接客には自信があります。※1 ※3

退職後も英語の勉強は続け、TOEICの点数を在職時より150点伸ばすことができました。また、前職で使うことの少なかったパソコンのスキルを上げるため、独学で勉強し、マイクロソフトオフィススペシャリストを取得しました。現在は、更なるスキル向上のため、エキスパート取得に向けて勉強を続けています。※2

check1 前職ではどのような業務に携わっていたかを明確に伝えましょう

前職での業務内容を伝えた上で、どのようなスキルに自信があるのかをハッキリ伝えることが大事です。

check2 一番のポイントは「ブランク期間に何をしていたか」

資格の取得はスキルを効果的にアピールできます。資格を取得していなくても、書籍での勉強や、前職でのスキルを保つために努力していたことなどを具体的に記載することで、入社後に自走できる人材であることを伝えることができます。

check3 どの部分では即戦力になれるのかを明示しましょう

企業勤めはブランクがあっても、前職で得意だったことや、働き始めてすぐに発揮できるスキルがあれば、その点においては即戦力になれるはず。アピールすることを忘れないで!

シチュエーション別自己PR例文集

『女の転職アカデミア』とは

『女の転職type』がお届けする、
転職活動を一歩前に進めるためのお役立ちコーナーです。

転職を成功させて理想の未来を手に入れるには、自己分析から企業研究、書類作成に面接対策まで、やることがたくさん! その途中で、悩み立ち止まってしまうこともあるでしょう。そんな時、ここに来たらヒントが得られて道が開ける。皆さんにとって、そんな場所でありたいと願って運営しています。