10
FEB/2012

香典を渡すタイミングって? お葬式で本当にあった恥ずかしい話。もうあんな思いしたくない!【特集:女28歳、いまさら聞けない“知ったか”ワード】

タグ:

 新入社員じゃないんだからエクセルもワードもそれなりに使えるけど、これってもっと簡単にできないかな? そう、あなたが知らないだけで実は便利な機能がたくさんあるんです。中上級者が意外と知らないPCのテクニック、こっそり身に付けちゃいましょう。

働く女性の知性が問われるのは何も社内だけではありません。先輩の結婚式やら上司の代理で取引先の葬儀に出席なんてこともあるはず。その場になって「知らなかった」と気付いても誰も教えてくれません。読者のリアルエピソードから学びましょう!

 お焼香の仕方ってどうやるんだっけ?

お焼香
「焼香台の手前で僧侶とご遺族に一礼、遺影に一礼して合掌。左手に数珠をかけ右手で抹香をつまみ目の高さまでもっていき香炉に落とします。お焼香の回数は宗派により異なりますが1回から3回です。宗派がわからない場合は喪主や周囲の方と同じようにすれば大丈夫です」(花野さん)。

香典を渡すタイミングっていつ?

香典は受付で芳名帳を記帳した後に、袱紗から取り出し受付の方に渡すのが手順。「『ご愁傷様でございました』と一言添えましょう。葬儀に最初から行けないことがわかっている場合は、知人に預けて渡してもらって」預かった側は自分の香典を渡したあとに「お預かりしてまいりました」と言って渡すだけでOKだそう。

「ご愁傷様でございました」という言葉は親族に対してかける言葉なので、受付が親族でなく葬儀社や職場の方が手伝っている場合は、お香典を差し出す際は、一礼して無言で差出してもOKです。

「ご愁傷様でした」に対しては何て答えるの?

確かに「ありがとうございます」って答えるのも何か違和感がありますね。「お悔やみの言葉をいただいているので、ありがとうございますと答えてももちろんよいのですが、人によってはふさわしくないと捉えることもあるので、『よくお参り下さいました。ご丁寧に恐れ入ります』と、ストレートなお礼の言葉以外を使うのがよいでしょう」(花野さん)。

足を運んでくれたことに対するお礼の気持ちを伝えましょう。

連名の香典の用意の仕方がわからない……

連名で香典を包む場合は3名までが限度だそう。「右(目上:上席者)から順に名前を書きます。職場で連名にする場合は、右「○○株式会社」左「営業部一同」(文字は社名より大きめに書く)とし、中袋に明細を書いて入れます。この際、上席者から順に書きます。和紙に筆文字で手書きするか、コピー用紙(和紙用あり)に筆文字印刷すると丁寧な印象です」(花野さん)。

お葬式に出席した際、どのタイミングで帰ればいいのかわからない……

確かに、遺族の挨拶とかってみんな最後までいるのでしょうか?「ご遺族の代表の方から出棺前に挨拶があります。挨拶が終わり霊柩車が走り出し、静かに頭を下げ合掌。出棺を見送った後に辞去します」(花野さん)。出棺を見送れない場合は焼香を終えた時点で辞去してもOK。

お通夜と告別式とお葬式って何が違うの?

最近は葬儀と告別式が同じ会場っていうのも多いですが……。「葬儀の執り行われる前夜に遺族・親近者が集まり故人との別れを惜しみ、霊を慰めるのが通夜。告別式は、葬儀を終えた遺族が生前お世話になった方々や友人・知人などの一般の参列者の弔意を受ける儀式。近年は葬儀と告別式を同じ場所ですることが多くひとつのものとみなされがちですが、葬儀とは遺族、近親者、縁故で集まり故人を偲び別れを惜しむ儀式なので本来は一般の人は出席できません」(花野さん)。


<お話を伺った方>
■花野 蕾さん
社員数50名から7000名の企業まで3社の社長秘書を務める。すでに秘書歴は2桁。2005年より配信を開始したメルマガ『社長秘書!魅惑のオフィスマナー』が出版社の目にとまり、『秘書が教えるビジネスマナー』『図解 ビジネスマナー&仕事の基本』を出版

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「4月入社で事務に転職」で失敗する女性が多い理由って? プロ...
転職活動を成功させるために知っておくべき「ベストな転職タイミング」について『type転職エージェント』でキャリアアドバイ...

「え、何で!?」思わずびっくりした新入社員のあり得ない行動
働く女性にとって、日常にプラスする新しいチャレンジといえば、「習い事」を連想する人も多いでしょう。実際に働きながら趣味や...

“新時代のリーダーシップ”が女性の「自分らしく働きたい」を叶...
日本を代表するグローバルカンパニー、ソフトバンク株式会社で長年人材開発に携わりながら、社内外の幅広い年代に対し「自分らし...

“女性が少ない”あの業界が今、激変している! オリンピックに...
水野さんが今後注目の業界としてピックアップしたのは「飲食業界」「建設業界」「運送業界」の3つ。確かに、女性が長く働き続け...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

マンパワーグループの求人を見る

憧れの上司と働く!女性管理職がいる会社

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

プライベートも充実!年間休日120日以上の求人

未経験でも安心!ノルマが厳しくない営業求人