03
MAR/2021

コロナ禍の今、改めて「女性のIT分野進出」が大事だと思う理由【連載:ITをカラフルにする現場から】

Waffle×Woman type
ITをカラフルにする現場から

現在、日本のIT業界における女性技術者の割合は15%以下。日本で理系分野の学部に所属する男女比は、OECDワースト1位。この、テクノロジー分野のジェンダーギャップを解消するには…?一般社団法人Waffleの二人が「ITと女子」を取り巻く問題や、課題解決に向けての取り組みを発信していきます。

はじめまして。IT分野のジェンダーギャップの解消を目指し、女子中高生向けにIT教育や政策提言を実施しているWaffle Co-Founder & CEOの田中沙弥果です。

田中沙弥果

皆さんは、日本国内のIT業界で働く女性技術者の比率が20%以下と低く、将来IT業界を目指す学生についても、大学の工学部を例にとると女性比率は15%以下ということをご存知でしょうか(*1)。私たちは、そのような社会課題に対して、もっと多くの女性がIT分野に進出してほしいと考え、日々活動しています。

(* 1)文部科学省「令和元年度学校基本調査(確定値)の公表について」より

なぜ、そのように考えるかというと、今後社会の重要な基盤となるIT技術に、異なるジェンダー間での不平等や不利益が起きると、社会に実害が起こる可能性があるためです。

ITをカラフルにする現場から

例えば、米国ではAIを活用した採用システムの開発中に、女子大生を選考で落とす出来事がおき、その後システムの開発中止に至りました。これからの社会にとって、IT分野の作り手が多様であることが、豊かな社会につながると考え、私たちは「 #ITをカラフルに 」と謳って活動しています。

私たちの主な活動は、女子中高生を対象にしたものですが、Woman typeをご覧になっている社会人の方々にも、ぜひ私たちの考えを知っていただき、IT分野にチャレンジしてほしいと思っています。

今回、Waffleの代表である私と共同代表の齋藤明日美(@AsumiWaffle)とで連載を持たせていただくことになりました。

ITをカラフルにする活動とは?

Waffleが女子中高生を対象に活動を行っている大きな理由は、日本の場合、中高生の時期に文理選択をしたり、大学でどの学部学科を選択するのかを決める必要があり、その後のキャリアに大きく影響を与える時期だからです。

ITをカラフルにする現場から

例えば、私と齋藤が留学していたアメリカでは、リベラルアーツと言って大学進学後に教養科目を取りながらメジャー(主専攻)を決めたり、マイナー(副専攻)を専攻できたり、それらを柔軟に変更することができるのですが、日本では多くの人が10代でその後の進路を決めなければなりません。

私たちは、その大きな意思決定の段階でITが選択肢に入ること、そしてできれば理系に進んで欲しいと思いながら活動しています。

Waffleの活動内容は主に3つです。IT関連企業を中心とした企業とのコラボレーション企画(共同でのイベントやキャンペーンの開催)、女子中高生限定のコーディングコース「Waffle Camp(ワッフル・キャンプ)」の実施、女子中高生に限定した国際的なアプリコンテスト「テクノベーション・ガールズ」の日本支部の運営です。

その他にも、女子中高生自身の意思でIT分野への進路を選択しないのではなく、そもそも、日本国内の制度面や構造面での課題も大きく影響しているため、それらを抜本的に変えるべく政策提言も実施しています。

コロナ禍で表面化する女性の雇用問題

ITをカラフルにする現場から

今、日本では新型コロナウィルス感染症拡大の影響が、女性の雇用・所得環境にも大きな打撃を与えています。

女性の非正規雇用者数は過去1年間で79 万人も減少しているといわれています(*2)。特に、非正規雇用が多い業態であるサービス業などで働いていた方々を中心に、収入が激減してしまったり解雇されるなど、生活が困難な状態に陥っている方々もいらっしゃいます。

(*2) 日本総研「コロナ禍で悪化した女性の雇用・所得環境」より

これらの状況に対し、もちろん短期的な対策として、収入減に対する給付金の実施などが有効ではありますが、中長期的には大人の学び直し、あるいはこのようなことが起こらないように、小中高生の段階からの専門教育も必要となってくると考えています。

これまで、いわゆる「手に職をつける」「食いっぱぐれない仕事につく」ということで、医療系の国家資格の取得や公務員試験などを勧められた方々も多いのではないかと思います。もちろん本人の関心や素養にもよりますが、今後「ITスキルを習得すること」が、その後のキャリアに与えるメリットも大きいことから、私たちはそれを推奨しています。

社会人の方には、ぜひIT分野での転職も視野に入れていただきたいと思います。

なぜIT分野に注目すべきなのか?

コロナ禍での日本のデジタル化の遅れが露見しながらも、今後、社会経済活動のデジタル化はさらに加速されることは明白です。そして、その社会基盤はIT技術によって支えられています。これからは、Society 5.0で謳われているような、例えば、自動運転、ドローン、AIなどの技術が、さらに私たちの生活基盤に当たり前のように普及していくのです。

ITをカラフルにする現場から

しかし、経済産業省の調査(2019年3月)によると、2030年には最大でIT人材は79万人不足になるとの試算も出ており、IT分野は人材の需要が大きい分野です。したがって、今後どの産業にも必要なITスキルを身につけることが、キャリアへのメリットにつながります

また、IT分野の仕事は比較的結婚・出産といった女性のライフイベントにも寄り添った働き方がしやすいと言われています。所属する企業にもよりますが、リモートワークなどがしやすく、自宅で働くことも選択できます。働く時間も超フレックス制などがあれば、例えば11時から16時までは働き、その後子どもの面倒を見るために仕事を抜けて、また夜に仕事をするといった、柔軟な働き方を選ぶことができます。

未経験からIT分野での仕事にチャレンジするには?

ここまででIT分野の魅力をご紹介してきましたが、これまで全くパソコンを触ってこなかった、あるいは、パソコンが苦手という方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、そういった方向けに、おすすめのサービスをご紹介します。

1.ミレニアル世代の女性向けキャリアスクール『SHE』

累計2万人が受講する女性向けキャリアスクール「SHElikes(シーライクス)」や、未経験でも4ヶ月で転職・副業を目指す「MULTI CREATOR COURSE Designer」など、女性の人生の伴走者として、転職または稼げるレベルまでのサポートがあります。Webデザイナーになりたい方やクリエイターになりたい方などは、ぜひチェックしてみてください。

>>詳しくはこちら

2.ソフトウェア・エンジニアの転職を考えるなら!シリコンバレー式プログラミングブートキャンプ『Code Chrysalis(コードクリサリス)』

まずはお試しでプログラミングを体験したい方向けの1ヶ月間の「Foundation」コース、転職を目指す方は3ヶ月のフルタイムプログラム「Immersive」コースなどがあります。

事務職からソフトウェア・エンジニアに転職された方などもいらっしゃいますし、シングルマザーの方向けの個人奨学金募金制度『The Butterfly Fund』も立ち上げて、彼女たちのスキル習得支援もしています。

また、こういったサービスは男性が多いと思われるかもしれませんが、このサービスは、女性エンパワメントにも力をいれており、Immersiveコースでは女性比率が50%近くになった回もあるとのことです。

>>詳しくはこちら

ITをカラフルにする現場から

両者とも参加者のコミュニティをとても大事にしており、頻繁にイベントも開催しているようなので、気軽に参加してみるといいでしょう。ここまで、20代・30代の女性で初心者の方向けのサービスを紹介してきましたが、もし10代の方で興味のあるかたがいましたら、私たちWaffleも各種イベントやプログラムを開催していますので、ぜひ覗いてみて欲しいと思います。

田中沙弥果さん

【この記事を書いた人】
Waffle Co-Founder & CEO
田中沙弥果 Sayaka Ivy Tanaka

1991年大阪府生まれ。小中高は田舎の公立・共学に通う。2017年NPO法人みんなのコード入職。文部科学省後援事業に従事したほか、全国20都市以上の教育委員会と連携し、学校の先生方がプログラミング教育を授業で実施するための事業を推進。2019年にIT分野のジェンダーギャップを解消するべく一般社団法人Waffleを設立。2020年には日本政府主催の国際女性会議WAW!2020にユース代表として選出。SDGs Youth Summit 2020 若者活動家 選出。情報経営イノベーション専門職大学 客員教員。2020年Forbes JAPAN誌「世界を変える30歳未満30人」受賞
@ivy_sayaka

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あわせて読みたい記事

“女性がいない”日本のIT業界をこのまま放置できない理由。W...

“女性がいない”日本のIT業界をこのまま放置できない理由。W...
一般社団法人Waffle代表の田中沙弥果さんは、IT分野のジェンダーギャップ解消を目指し、女子中高生限定のコーディング学...

日本の女子学生の理系割合はOECD最低水準。ジェンダーギャッ...

日本の女子学生の理系割合はOECD最低水準。ジェンダーギャッ...
日本において理系の女子学生の割合は、世界の先進国と比較して極めて低い水準にある。そんな課題を解決すべく活動しているのが一...

【女性エンジニア109名調査】キャリア不安の種は「最新技術の...

【女性エンジニア109名調査】キャリア不安の種は「最新技術の...
女性エンジニア109名を対象に、キャリア・仕事・転職意識の調査を実施。前編となる本記事では、女性エンジニアならではのキャ...

【大平かづみ×ちょまど】女性の少ない“エンジニアの世界”を変...

【大平かづみ×ちょまど】女性の少ない“エンジニアの世界”を変...
2020年7月に誕生した女性限定の技術コミュニティ『Code Polaris(コード ポラリス)』の立ち上げメンバーの二...

あなたにオススメの記事