21
MAY/2021

約6割の働く女性が「5月病」の経験あり。気分が落ち込んだときの対処法を一挙公開【868名アンケ―ト】

5月病になったことある?

アンケート実施期間/2021年4月1日~4月14日
有効回答数/868名
調査方法/女の転職type会員に対してWeb上で調査


今回の調査でわかったこと


56.3%の女性が「5月病かも」と感じた経験あり。原因の第1位は「仕事内容の変化」

仕事をしていて「5月病かも」と感じたことはあるか聞いたところ、「感じたことがある」(31.2%)、「やや感じたことがある」(25.1%)を合計すると、半数以上の56.3%の人が、5月病の経験があると回答しました。

原因については、「仕事内容の変化」(41.9%)がトップの結果に。他には「入社(新入社員)」(33.9%)、「ライフステージの変化」(28.4%)が多く挙がりました。

※本アンケートでは、環境が変わったときに起きる、気分が落ち込む症状を「5月病」と定義して調査いたしました。

Q.1 仕事をしていて「5月病かも」と感じたことはある?

5月病になったことある?

ゴールデンウィークを明けた頃から耳にするようになる「5月病」の話題。

実際に「5月病かも」と感じた経験の有無についての質問では、「感じたことがある」(31.2%)との回答が最も多く、「やや感じたことがある」(25.1%)を合計すると、実に56.3%の人が5月病の自覚症状を感じたことがあるということが明らかに。

「感じたことはない」と回答した人は、わずか13.0%にとどまりました。

では、具体的には何が5月病の原因になっているのでしょうか?

Q.2 「5月病かも」と感じた原因は?(複数回答)

5月病になったことある?

「5月病かも」と感じた原因として最も多かったのは「仕事内容の変化」(41.9%)との結果となりました。「入社(新入社員)」(33.9%)、「ライフステージの変化」(28.4%)を挙げる女性も目立つことから、新年度の環境変化によるストレスが原因となっているケースが多いことが読み取れます。

それぞれ具体的なエピソードを聞いてみました。

仕事内容の変化

・今までより難しい仕事を任され、一段落したのがちょうど4月頃だった。連休もありそのまま無気力になってしまった(20代/サービス・販売系/正社員/東京)

・春の異動でさらに仕事量が増えると言われ、新人に仕事を急いで教えないといけなかったとき、やる気がなくなり仕事に行くのが億劫になった(30代/事務・経理・人事系/契約社員/大阪)

入社(新入社員)

・新入社員最初のゴールデンウィークが終わったあたりで残業が続き、業務にミスマッチを感じていたこともあり、会社を辞めたいと強く思った(30代/事務・経理・人事系/契約社員/広島)

・新入社員のときに目まぐるしい4月が終わって、会社に行きたくない…と電車の中で涙が出そうになった(20代/営業系/正社員/東京)

ライフステージの変化

・子供たちの進学や自分自身の転職など、新しいことが始まったときに仕事に行きたくないと思うことがある(40代/事務・経理・人事系/正社員/神奈川)

・子供の進学に合わせて生活も変わるため、慣れるまでピリピリする(40代/事務・経理・人事系/契約社員/沖縄)

転職

・転職先が異業種で、ついていくのに必死でした。慣れない環境で、5月病を感じたことがあります(20代/営業系/正社員/神奈川)

・転職後は覚える事がたくさんあるので、必死になってる時期を越えた1、2カ月後にどっと疲れが出る(40代/コンサルタント・専門職系/派遣/東京)

異動

・異動先で以前とのギャップが大きく、「自分ってこんなに仕事できなかったかな…」と落ち込みました(30代/事務・経理・人事系/正社員/茨城)

・店舗スタッフから本部スタッフに変わった際、環境と人がまるっと変わったことでしばらく憂鬱な状態が続きました(30代/企画・マーケティング系/正社員/埼玉)

上司・同僚の異動・退職

・頼りにしていた同僚や上司が転職した少し後、心のよりどころがなく、不安、喪失感を覚えました(40代/サービス・販売系/正社員/埼玉)

・上司の異動で急に仕事が増えた。やる気が出ず疲れやすくなりました(20代/事務・経理・人事系/正社員/埼玉)

昇進

・望まない昇進で、立場だけが変わり、自分の実力は伴っていないと感じた(30代/その他/正社員/静岡)

・昇進したが成果が出ず、仕事に対して憂鬱になってしまった(20代/営業系/正社員/東京)

その他

・4月に定期昇給があるが、思うように給与額が上がらず、評価されない事にモチベーションが下がりなかなか立ち直れなかった(50代/事務・経理・人事系/正社員/神奈川)

・日本は休みでも海外は通常営業しているため、連休中に仕事がたまる。世間が休みモードの中で、悶々とした気持ちになる時があり、一気に落ち込みます(40代/企画・マーケティング系/正社員/神奈川)

Q.3 「5月病かも」と感じたときどんな症状があった?(複数回答)

5月病になったことある?

Q.1で5月病かも、と「感じたことがある」「やや感じたことがある」と答えた人に、どのような症状があったかを質問。結果、7割以上の人が感じた症状として「疲れやすい」「気分が落ち込む」(ともに72.2%)「やる気がおきない」(71.8%)の3つが挙がりました。

その他、「不安になる」(51.5%)に関しても、半数以上の人が自覚症状としてあったと回答しています。

Q.4 気分が落ち込んだときの解決方法は?(複数回答)

5月病になったことある?

気分が落ち込んだときにどのように解決したかを聞いたところ、「仕事以外の気分転換をする」(57.4%)がトップとなりました。「家族・友人に相談」(48.4%)、「睡眠をとる」(44.4%)も4割以上の人が解決方法に挙げています。

「上司・同僚に相談」「転職」「業務時間を減らす」「仕事内容を変える」といった、仕事に直接関係することよりも、その他の方法でリフレッシュしたり解決方法を探す人が多いことが分かります。

また、フリーコメントでは「時が過ぎるのを待つ」「時間が解決してくれる」「あまり頑張らない」など、積極的に解決しようとするのではなく、落ち込んだ気分が過ぎ去るのを待つといった意見も見られました。

2021年の5月は、緊急事態宣言の発令により、例年とは異なる働き方・過ごし方を余儀なくされている人も多いはず。休息をしっかりとりながら、自分らしいペースを見つけていきたいですね。

>>データで知る「女性と仕事」を見る

※調査データ(グラフ)は、小数点第2位以下は四捨五入しているため、合計しても100にならない場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あわせて読みたい記事

コロナ禍に高まる肥満率。生活習慣病の予防に効く、忙しい人のた...

コロナ禍に高まる肥満率。生活習慣病の予防に効く、忙しい人のた...
産業医の矢島新子先生は、コロナ禍に起こりやすい不調の理由の一つに「運動不足がある」と指摘します。また、運動不足による肥満...

「ストレス発散」だけではNG。コロナ禍の不調を遠ざける正しい...

「ストレス発散」だけではNG。コロナ禍の不調を遠ざける正しい...
コロナ禍、生活習慣や睡眠リズムの変化などが影響し、心・体の不調を訴える人が増えています。実は、働き盛り世代には休養をうま...

コロナ自粛明けの不調に悩まされる人が増加傾向。働く女性が心身...

コロナ自粛明けの不調に悩まされる人が増加傾向。働く女性が心身...
コロナによる自粛期間中よりも、自粛が明けて3カ月が経った今の方が、心身の不調を訴える人が増えている。それはなぜ?今注意す...

Twitterで人気の心療内科医Dr.ゆうすけに聞く、他人に...

Twitterで人気の心療内科医Dr.ゆうすけに聞く、他人に...
はっきりと自分の意見を伝え、自分の人生を心地よく生きるためにはどうしたら良いのだろうか。 「他人のルールに縛られずに生...

あなたにオススメの記事