03
JUN/2021

【転職者調査】給与交渉した女性の7割以上が年収アップを実現。交渉のベストタイミングやコツは?

給与交渉

昨年末に『女の転職type』が行ったアンケートによると、女性が転職する理由のトップは「年収を上げたいから」でした。

20~30代の働く女性のうち、9割以上が「現在の年収」と「理想の年収」にギャップを感じているとの調査結果(※)も出ています。

そこで今回は、年収アップ転職を叶えるために欠かせない「給与交渉」をテーマにアンケート調査を実施。

転職経験を持つ女性たちを対象に、入社前に給与交渉をしたのか、実際に年収アップに成功したのか、そして、年収アップに成功した人たちはどんな風に給与交渉をしたのか、アンケートで聞いてみました。

Q.1 転職した時に、給与交渉をしましたか?

給与交渉

回答者100人のうち、転職経験者は82人。そのうち、転職活動の際に給与交渉を行った経験を持つ女性は42.7%でした。

転職では「年収アップ」を叶えたいと回答している女性が多い一方、なんと半数以上の人が給与交渉をせずに、入社を決めています。

企業側から提示された給与金額をそのまま飲んでいる人が多く、年収アップの機会を逃しているかもしれません。

では、実際に給与交渉を行った女性たちは、交渉したことで「年収アップ」に成功したのでしょうか?

Q.2 給与交渉の結果、入社時の年収は上がりましたか?

給与交渉

転職時に給与交渉をした女性のうち、約7割の人が年収アップを実現しています。入社前に交渉をするだけで、年収を上げられる可能性がいかに高いか、分かる結果ではないでしょうか。

では、年収アップに成功した女性たちは、選考のどのタイミングで交渉を行ったのでしょうか?

Q.3 給与交渉はどのタイミングで行いましたか?

給与交渉

給与交渉のタイミングは、二次面接以降に相談するケースが多いようです。実際のところ、いつ切り出すのがベストなのでしょうか?

過去Woman typeで取材を実施したキャリアアドバイザーのえさきまりなさんによると、「最終面接で好感触な実感が持てたり、内定をもらったりしたタイミングで交渉するのが安心」とのこと。

えさきさん

一度出した内定を企業が取り消すのはタブーなので、内定が出てから受諾するかどうかを回答するまでの期間に交渉をするのが一番オススメ。

逆に初期の段階で年収の交渉をしてしまうと、「お金のことしか考えていない」と思われてしまう恐れがあるので注意しましょう。

付き合い始めの恋人に「年収いくら?」って露骨に聞かないのと同じですね(笑)
(※こちらの記事より引用)

Q.4 初めに提示された年収から、どの程度年収金額が上がりましたか?

給与交渉

給与交渉に成功した女性たちが、実際にどの程度年収を上げることができたのか聞いてみたところ、50万円以上と回答する人も約1割存在しています。

一方、約半数を占めるのが、「20万円未満」の回答です。どうすれば、なるべく希望に近い給与額での入社を叶えられるのでしょうか。

えさきさんは、「なるべく、複数の会社で選考を進めて」と話します。

えさきさん

複数企業の選考を進めることが重要です。

本命の1社に絞って選考を進めようとする方が非常に多いんですけど、本命の会社以外もぜひ面接を受けましょう

えさきさん

例えばA社から450万円を提示された時に、「B社からは500万円提示されているので上げてほしい」という交渉ができるようになります。

複数内定を得ていれば、「たくさん内定がある=各社が欲しい優秀な人」という評価になりますし、1社だけで選考を進めるよりも交渉はグッとしやすくなりますよ。
(※こちらの記事より引用)

複数社の面接を受けることにより、各社から提示される給与額を参考に、自分の市場価値をより正しく把握できるようにもなっていきます。

Woman typeでは、転職を検討中、年収アップを目指したい、そんな女性に役立つコンテンツを多数掲載中。納得感のあるキャリアを描いていくために、ぜひ役立ててくださいね。

おすすめコンテンツ

給与交渉

【1】年収交渉ってどうやるの?転職のプロに学ぶ“適正年収”を知るための4つの方法

給与の交渉方法はもちろん、そもそも自分の適正年収が分からない、という女性も多いのでは? そこで、「年収」にまつわる疑問を、SNSで人気のキャリアアドバイザー・えさきまりなさん(@MarinaEsaki)に聞いてみた!

なぜ給与を交渉する必要があるのか、自分の適正年収はどうやって調べればいいのか。「交渉をするための事前準備」から見ていきましょう。

>>記事を読む

お金と仕事

【2】コロナ禍に年収減の女性は4割以上。「お金の不安」高まるも仕事選びはやりがい・ワークライフバランス重視?

20~30代の働く女性127名を対象に、コロナ禍に「お金」と「仕事」に対する価値観がどのように変化したのかアンケート調査を実施。すると、収入面での不安はますます大きくなっている一方、仕事選びでは給与よりもやりがいと、ワークライフバランス重視の価値観が浮き彫りになりました。

>>記事を読む

給与交渉

【3】「収入はそこそこで」好きなこと・やりがい重視で転職してしまう女の末路/FP監修

転職の際に「好きなこと」や「やりがい」を優先し、入社前に給与の交渉をしないまま入社してしまうケースは少なくありません。もちろん、好きなことややりがいのある仕事を選択することはとても大切ですが、報酬が伴わないのも大きな問題です。

女性に人気のファイナンシャルプランナー・高山一恵さんに、転職活動時に収入を重視することの大切さについて聞きました。

>>記事を読む

稼ぐのが怖い、年収上げたいって言えない…“女だから”の思い込みをどう外す?【対談:酒向萌実×治部れんげ】

【4】稼ぐのが怖い、年収上げたいって言えない…“女だから”の思い込みをどう外す?/対談:酒向萌実×治部れんげ

キャリアアップは収入を上げることに直結しますが、「私は管理職にふさわしい」「私はもっと給料をもらって然るべき」と謙遜をせず希望を口にするのは勇気がいる……。しかし、“ちょっとの勇気”を出すことで生涯年収が6千万円アップするケースもあるんだとか。

「女性と稼ぐこと」にまつわる課題について、女性キャリアやジェンダー問題に詳しいフリージャーナリストの治部れんげさんと、株式会社GoodMorning代表の酒向萌実さんが議論します。

>>記事を読む


【アンケート調査概要】
●調査方法:21~39歳の女性へのWebアンケート(クラウドワークスにて)
●調査期間:2021年5月27日~6月2日
●有効回答者数:100名

(※)20~39歳の女性127名を対象に、2021年5月12日~14日にWoman typeが実施したWebアンケートの結果より、「現在の年収(2020年度)」と「理想の年収」に差があった女性の比率を参照

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あわせて読みたい記事

「転職意欲が向上した人は約5割」コロナ禍、女性が転職したい理...

「転職意欲が向上した人は約5割」コロナ禍、女性が転職したい理...
仕事は楽しい?何歳まで働き続けたい?など、働く女性に関するさまざまな情報を調査。今回は、「コロナ禍の転職」をテーマにアン...

コロナ禍、転職できる? 経験者に聞く良い点・悪い点のリアル【...

コロナ禍、転職できる? 経験者に聞く良い点・悪い点のリアル【...
仕事は楽しい?何歳まで働き続けたい?など、働く女性に関するさまざまな情報を調査。今回は、コロナ禍の前・後の両方で転職活動...

「期待し過ぎず、諦めず」ジェンダー平等後進国・日本の行く末は...

「期待し過ぎず、諦めず」ジェンダー平等後進国・日本の行く末は...
2021年春、東京大学執行部が女性を過半数とする体制へと生まれ変わった。最近では、こうしたトップダウンで組織のジェンダー...

Webマガジン『Woman type』サイトオープン10周年...

Webマガジン『Woman type』サイトオープン10周年...
Webマガジン『Woman type』ではサイトオープン10周年を記念して、特集「私と仕事のいい関係。」を公開中。5月1...

あなたにオススメの記事